あさイチ 二の腕のたるみ解消 4週間で10.8センチ減少 漆原先生の二の腕解消トレーニング

あさイチでは夏までに二の腕のたるみ解消ということで二の腕解消エクササイズを紹介していました。二の腕のたるみ解消を教えてくれたのは、スポーツ科学を研究している漆原光徳教授でした。なんでも4週間で10.8センチ減少した方もいるとか。

スポンサーリンク
広告(PC)




4週間で二の腕のたるみを解消する方法

いつのまにかついている二の腕のたるみ。これを解消する方法というのがあるとのこと。漆原先生が二の腕のたるみ解消エクササイズを教えてくれました。その前になぜ二の腕に脂肪がつくのか考えてみましょう。

二の腕に脂肪がつく順番

そもそも、なぜ二の腕に脂肪がつくのか。実は二の腕の脂肪は、お腹などの脂肪とはちょっと違う特徴があるとのこと。漆原先生によると二の腕の脂肪はつくのが他と比べて遅いとのこと。

一般的にはお腹周りやお尻といった場所に脂肪がつくが、脂肪がつく順番というのが存在しているとのこと。

まずはお腹とおしり、そして太もも、その後に二の腕につくという。全身の中で最後に脂肪がつくという。

つまり、二の腕に脂肪がついているということは、もうすでに他のところにはたくさん脂肪がついているということです。

diet photo

Photo by Franck Mahon

脂肪が落ちる順番

では、逆に脂肪が落ちる順番はどうなのか。それは先程と同じように、お腹とおしりから落ちて、次に太もも、そして最後に二の腕の順に落ちていくとのこと。

上腕三頭筋が使われていない

二の腕は力こぶのある上腕二頭筋とたるみの原因となる上腕三頭筋から成り立っています。

日常生活、特に現代では上腕二頭筋はよく使われるが、上腕三頭筋はほとんど使われないことが多いという。

なのですぐに衰えてしまいこれがたるみの原因になっているとのこと。ほとんど使われていないので脂肪がつきやすいわけです。

二の腕たるみ解消エクササイズのやり方

漆原先生が教えてくれた二の腕のたるみを解消させるエクササイズは次のとおりでした。なんでもこれを大学で試した時、一番痩せた方は腕周りが4週間で10.8cm細くなったとのこと。

  • 手を後ろにまっすぐ伸ばします。
  • 次に、できるだけ内側に手を寄せて、手のひらを開いて、手首を後ろでグルグルと回します。
  • 最低10回をワンセットにして1日3回行います。

大学の実験では朝晩30回の合計60回行い4週間で10.8cm二の腕が減少したという先程の結果が出たとのこと。

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする