この差って何 オクラは刻んでから茹でる 2週間で3.6kgのダイエットに成功するオクラの調理法

この差って何では、2週間で3.6kgのダイエットに成功した方を紹介していました。なんでもオクラを普段の食事に毎食4本ていど足して食べるだけだという。もっとも、オクラのネバネバの効果を最大限に生かして食べる必要があるようです。その調理法は刻んでから茹でるでした。

スポンサーリンク
広告(PC)




オクラのダイエットに効果的な食べ方

番組では、オクラに糖の吸収を抑える働きがあるのならば、ダイエット効果もあるはずということでダイエットの実験を行いました。協力してもらったのは3人家族。

実験内容は普段の食事の量は減らさずに毎食3から5本のオクラを2週間食べるということでした。

2週間後の効果

お父さんの体重は実験前71kgでした。2週間後計測したとろこ67.4kgと3.6kgも体重が減っていました。

また、食べた当初から便通が良くなったとのこと。

そして、61kgだった娘さんも2週間後57.8kgと3.2kgのダイエットに成功。

そして、お母さんの体重も2週間で2.4kgも減っていました。

オクラは刻んでから茹でる

では、どのようにしてオクラを食べたら、ダイエット効果がアップするのか。それは調理方法にポイントがありました。

オクラを食べる際、食物繊維が多ければ多いほどよりネバネバになり糖の吸収を抑えるそうですが、その調理方法は次のようにすると良いとのこと。

それは、刻んでから茹でるでした。

ネバネバにする2つの条件

専門家の医師によると、オクラをネバネバにするには2つの条件が必要とのこと。

一つはオクラの側面から食物繊維を出すこと

もう一つは、その食物繊維を水分と絡ませること

これによてネバネバ成分が生まれるとのこと。

茹でる時間は1分まで

オクラのネバネバ成分は熱に弱いと言われていますが、オクラを茹でるときは1分までならネバネバ成分は壊れないとのこと。

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする