いしだ壱成 新恋人は前妻の私物を使用しながら同棲?箸やスニーカー、ベットも

最近、離婚してすぐに新恋人が発覚した、いしだ壱成さんが11月20日のバイキングに登場し、噂の新恋人との同棲生活を公開していました。なんと、同棲生活では前妻の私物を捨てずに使っていると暴露していました。番組では、恋人の飯村貴子さんを独占取材し7つのルーティンや離婚時期はかぶっていないのか?などの質問のほか、スカート丈に厳しいことを嘆いていました。

スポンサーリンク
広告(PC)




前の奥さんの私物を使用しながら同棲生活?

飯村貴子さんがいっせいさんとの同棲生活を赤裸々に告白していました。

スタッフ「今住んでいるところが、実はいしだ壱成さんの前の奥さまが一緒にすんでいらっしゃったところって本当?」に対して「本当です」と2人が同棲しているのは前妻が住んでいた部屋だという。

さらに、「元奥さまのものだからといってすぐに捨てたりとかは物のありがたみが本当にないので、使えるものは使わないともったいないとおもって」とお箸やスニーカー、ヘアカラーなど前の奥さまの私物を使用しているとのこと。

ただ、ベットの枕は前妻のものとは違うものを使用しているということでした。

スタッフ「気にならないですか?」に「買い換えるなら他のことにお金を使いたいので…」ということでした。

新恋人は女優の飯村貴子さん いっくんはスカートの長さに厳しい?

バイキングでは、いしだ壱成さんの新恋人で19歳女優の飯村貴子さんを取材。緊張していたため表情が硬い感じでした。というのもテレビ取材ははじめてとのこと。

離婚と時期はかぶってない

スタッフ「離婚なさった時期とお付き合いを始めた時期はかぶっていない?」には「かぶってない」と自信たっぷりに答えていました。

「付き合い始めたのはいっくんが離婚しはじめてからなので、8月終わりくらいからですね」ということでした。また、飯村さんはいっくんと呼んでいるそうです。

一方、いしだ壱成さんは飯村さんのことをたーたんと読んでいるんだとか。

7つのルーティンはない?

いしだ壱成さんというと前の奥さんにルールをいくつも作っていて、7つのルーティンというのが存在していたそうでうす。たとえば、バスタオルを持ってこなければいけないなど。

これには「いっさいないです」ときっぱりと否定していました。逆に持ってきてくれるそうです。

どうやらルーティンはなくなったとのこと。

思い出の江ノ島デート

そして、彼女には思い出のエピソードとして江ノ島デートがあることを教えてくれました。

なんでも、いっせいさんをさらに好きになったということでした。

それは新江ノ島水族館のクラゲショーを見て「くらげが好き」といってもいっくんは否定せずに「俺も好きだよ」と言ってくれたことだという。この時「やっぱこの人好きだなぁ」と思った瞬間だったそうです。

スカートの長さに厳しい?

スタッフ「壱成さんに辞めてほしい、直してほしいところとかはない?」には「あえて言うならスカートの長さに厳しい」とのこと。

たーたんは取材中は終始ノロケモードでした。

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする