メレンゲの気持ち 畠山愛理 太ったらクビ 現役時代は恋愛をたくさんしていた?

11月25日「メレンゲの気持ち」では元新体操日本代表の畠山愛理(23)さんが登場しその素顔を公開していました。また、フェアリージャパンの知られざる世界として太ったらクビや練習中もメイクをしていた、恋愛もしっかりとしていたなど気になる事が満載でした。

スポンサーリンク
広告(PC)




太ったらクビのフェアリージャパンの世界

畠山愛理さんはフェアリージャパンの一員としてメンバー入りを果たすと2012年ロンドン五輪、2016年のリオ五輪と2大会連続出場した。フェアリージャパンの中心メンバーとしてロンドンでは総合7位、リオでは総合8位と入賞に貢献。

芸能人顔負けのスタイルの良さ、ルックスで雑誌『CanCam』や『an・an』で特集がくまれるなど美しすぎる新体操選手として話題に。

さらに2015年にはミス日本特別賞を受賞。

新体操はいつから始めたの?

久本「新体操はいつからはじめたんですか?」に「小学校1年生なので6歳からです」しかも「自分から」新体操を始めたとのこと。

小さい頃から活発で外でよく遊ぶ子だったという。そのため、母親はなにか習い事をさせようといろんなスポーツの体験をさせてくれたとのこと。

その中で新体操に惹かれて自分から「やりたい」ということになったそうです。

新体操の選手としての寿命はどのくらい

久本「選手の寿命はどれくらい?」に畠山「外国人の選手だと10代とか」「日本は大学4年生で卒業と同時に辞める子が多い」と意外と新体操の選手生命が短いスポーツであるということを教えてくれました。

監督が日本代表を選ぶ?

久本「監督が日本代表を選ぶんですか?」に畠山「新体操は試合の結果だけでなく、オーディションで全国から集まって選ばれる」ということでした。

一応、試合の結果とか見るようですがプロポーションとか団体なので協調性などがとても重要視されるとのこと。

代表の子も毎年オーディションがある

また、1回選ばれた選手だからとってレギュラー入りするのではなく、毎年オーディションがあり、その年に日本代表だった子もオーディションを受け直さないといけないとのこと。

練習時間

1日8時間から10時間の練習時間があり、朝9時から始まって、チームは四六時中一緒に共同生活をしなければならないそうです。

部屋も一人ずつではないとのこと。

フェアリージャパン 太ったらクビ?

番組では、新体操の団体フェアリージャパンの知られざる世界を紹介していました。

その一つに太ったらクビというのがあるそうです。

畠山「言葉は強いですけど、間違ってはいないです」ということでした。

合宿所に栄養士さんがいて、1品1品にカロリーとどんな栄養が摂取できるかが書かれていて、自分の体調に合わせて選んでいくという、ある意味、自己管理が要求されるそうです。

練習からバッチリメイク

続いてはメイクの話。半年間はロシアに練習に行くそうです。その先生が四六時中いつでもキレイにしなさいということで、練習でもメークをするように言われたとのこと。

恋愛はどんどんする

畠山「採点競技で演技をするので、女性らしい演技があった時に、恋愛をしていない子がセクシーに踊れって言われたら踊れない」ということでした。

なので女性らしくなるために恋愛をしなさいという教えなんだとか。

畠山さんは恋愛をしていた?

続いて、ちょっとプライベートな恋愛の話になり、久本「バンバン恋愛していた?」に畠山「バンバンというか、恋愛はしていました」とはっきりと答えていました。

ちなみに、ロシア人とは付き合ったことはないとのこと。

畠山愛理さんの私生活

続いて畠山さんの私生活。自宅公開のVTRでは愛犬のシェリちゃんが登場。餌やりの場面もありました。

また、テレビを見るときもどこかしら体を伸ばしているとのこと。なんと180度開脚をしながら本を読んだりもしていました。

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする