元女医 脇坂英理子さんの現在の暮らし? 医療・美容系ウェブライター 動画配信で70万円になることも

直撃シンソウ坂上では、元女医の脇坂英里子さんの診療報酬不正受給の裏側や得たお金をいったい何に使っていたのか、今現在の暮らしはどうなているのかについて直撃取材を行っていました。ちなみに医師免許は現在停止中とのこと。

スポンサーリンク
広告(PC)




脇坂英里子さんの現在の暮らしとは

美人女医としてテレビで活躍していた脇坂英里子さん。診療報酬を不正に受給していたという罪で有罪判決を受けました。懲役3年、執行猶予4年でした。

その後、彼女はテレビから完全に姿を消してしまいましたが、釈放後にテレビの取材に答え、詐欺の裏側を告白していました。

今現在は何をしているのか

番組では都内にある実家を訪ねると、脇坂英里子さんの姿がありました。髪は当時のままで茶髪。

実家での取材は家族がいるのでNG、外で話を聞くことに。

現在は美容関係に携わっているので、身だしなみは整えるようにしているという。また、医師免許は現在停止中とのこと。というのも、これは3年間医業停止だからだということでした。

あと1年半くらいは復帰できないとのこと。

具体的な仕事については、美容・医療系の記事を書くウェブライターをやっているそうです

医師として医療行為はできなくても、医師という肩書がのこってて、専門性の高い記事をかけるので、文字単価も高いとのこと。ちなみに一文字20円とのこと。

例えば、8000文字の記事を書くとすると、1記事で20円×8000で16万円と結構おいしい仕事のようです。

また、趣味として動画配信もやっているとのこと。この動画配信だけで最高で月に70万円にもなったことがあるそうです。

配信やライターで稼いだお金の使い道は

ライターや配信で稼いだお金は、遊びや生活費に使うこともあるけれど、クリニックを立ち上げたときに借入をしているので、その返済とかにも回しているとのこと。

診療報酬不正請求の裏側

脇坂さんが開業した当初、なかなか患者さんが集まらなくて困っていた時に相談した相手からアイデアをもらったとのこと。

最初はそれが不正なアイデアだということは気づかなかったそうです。のちにそれが不正なアイデアだということに気づいたが、経営を成り立たせるためにそのまま不正なこと続けてしまったということでした。

また、この経営コンサルタントという人が反社会的勢力とつながりがあるということを知ったのは逮捕後だったという。

不正で得たお金の使い道

次に不正で得たお金の使い道については、ホスト遊びには使っていないとのこと。ホストで豪遊していた時期が開業した時と微妙にずれているとのこと。

ほとんどが、クリニックの経営に充てられていたそうです。

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする