大江裕さん 息切れの原因は心臓の脂肪? 異所性脂肪撃退体操 座りっぱなしの人でもOK

名医のTHE太鼓判で演歌歌手の大江裕さん28歳は心臓の周りに脂肪がべったりとついていることがわかりました。この脂肪は異所性脂肪というもので心臓の機能に障害をもたらしたり、心筋梗塞の原因にもなるとのこと。番組では、大江さんの生活のどこに心臓に脂肪がつきやすいところがあったのか検証していました。また、異所性脂肪をへらす体操も紹介していました。

スポンサーリンク
広告(PC)




大江さんの心臓に脂肪ついていた 異所性脂肪撃退体操

大江さんは最近、心臓に悩みがあるとのこと。それはステージパフォーマンスに影響するということでした。体がついて行かなく、踊りながら歌うということが難しくなってきたとのこと。また心臓もバクバクするという。

夕食だけで1600kcal

大江さんのある日の夕食。最初は楽屋の弁当、そしてお寿司15貫にかき揚げとこの日の夕食だけの摂取カロリーは1689kcalでした。

息切れ

1日も終わりに近づき、シャワーを浴びた大江さん。冷蔵庫から500mlのコーヒー牛乳を取り出し、ストローで一気にすっていました。

しかし、ここで息切れ。じつはこれ、異所性脂肪と関係があったそうです。

1日の心拍数14万回

また、この日の大江さんの心拍数はなんと14万回でした。健康な人の心拍数は1日10万回とされています。

異所性脂肪がつきやすい生活

番組医師によると、大江さんの生活は心臓の周りに脂肪がつきやすい生活をしているということでした。炭水化物の過多、炭水化物と脂質ばかりの食事、そして運動不足、これらは異所性脂肪を付きやすくするとのこと。

異所性脂肪撃退体操

番組の医師によると異所性脂肪はつきやすいが、実は取れやすいという。そこで、運動嫌いの人でも簡単にできる異所性脂肪撃退体操が紹介されていました。

  • ビルの5階を見上げるように顔を上げます。
  • その方向に手を伸ばして、手は軽く握ります。この時一緒に片足を上げて前に伸ばします。
  • そして、ボートを漕ぐように手を引きます。この時、一緒に足も引きます。
  • 左右の足で各10回を1セットとして1日3セット行います。
スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする