マツコ会議 MENSA会員のオフ会 高IQの人たちが得してること

全人口のおよそ2%のIQの高い人しか入れないという謎の集団MENSA。1946にイギリスで創設された団体で世界100ヵ国に約10万に存在しているという。日本にもありおよそ3,000人がいるとのこと。11月18日のマツコ会議では、MENSAの会員のオフ会に潜入。嘘をすぐに見抜く人や文字に色がついて見える女性、インドカレーのスパイスの組み合わせを覚えているのでどの食材でもインドカレーを作る事ができる女性などが登場しました。

スポンサーリンク
広告(PC)




高IQの頭がよすぎて生きにくい人たちに話を聞く

intelligence photo

MENSAのオフ会の場所や日時については不定期で全国各地で行われているそうです。今回は東京で行われていたオフ会の会場とマツコさんのいる会議室を中継。
マツコさん「IQってそもそも何が優れていることを言うの?」にたいしてメンサ会員の男性は「情報の処理速度だと思いますね」と答えていました。

さらに「それって日常的に生かされる場面とかってある?」に対しては、「どんな食材をみてもインドカレーにできます」とメンサ会員の女性。

「パターンを覚えているので、ブリが安かったらブリのカレー、羊が安かったら羊のカレーをつくれる」とのこと。

「ただの料理上手じゃないの?」とマツコさん失笑。

実は、彼女は食材を見た瞬間に最適なスパイスの組み合わせが浮かんでくるという特技の持ち主でした。

世になかったカレーレシピを400種類も考案したという実力の持ち主でした。

IQが高くて得がある? 共感覚を持つ女性

「これができて生活の中で得があります?」とマツコさん。メンサ会員の男性「昔彼女がいて、仕草とか表情から浮気を見ぬいたというのがあります」とすかさず答え、嘘をつくときは決まったパターンがあり、それをたくさん組み合わせて結論に行き着くなど嘘を見抜くという得があると強調していました。

IQの高い人は宝くじを買う?

「宝くじとか買ったりする?」には、「最近、買わない」と答えた会員の他に「1枚だけ買うっていうのが宝くじを楽しむ上で正解」と述べた方もいました。

MENSAに入会するには?

「MENSAにはどうやってはいる?」には、「全国で試験をやっている」「受験料はだいたい1万円くらいで、人生で3回までしか受けられない」とのこと。

文字に色がついて見える女性

次に登場したのは、文字に色がついて見えるという女性。共感覚というのを持っていて人より記憶力は良いかもしれないとのこと。

共感覚の持ち主は、色をみてニオイを感じたり、音を聞いて図形が見えるなどのタイプがあるそうです。

この女性は、この共感覚を生かして、名前と色を結びつけて覚えているとのこと。

日常の会話は楽しい?

続いて地頭の良い彼らにマツコさん「日常会話たのしい?」に対して、話の内容がすぐに分かってしまうので「皆まで説明しなくてもいいと思うことは多々あります」と答えた男性MENSAのメンバー。

それを受けてマツコさん「私よかった~IQ低くて~」と微妙な笑みを浮かべていました。

まとめ

何をやるにしても、相手の気持ちをくみ取ることが第一歩。その能力もIQとするならば、どの分野でもIQは必要である。

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする