山田ルイ53世の腰痛は椎間板ヘルニア? 枕を使った寝ながら腰痛改善法

太り気味の人の悩みというと腰痛がありますが、漫才コンビ 髭男爵の山田ルイ53世(42歳)さんもその一人。名医のTHE太鼓判では山田さんの腰痛の原因は何なのかを検査。そうしたところなんと椎間板ヘルニアが見つかりました。番組では腰痛の簡単改善法などを取り上げていました。

スポンサーリンク
広告(PC)




山田ルイ53世さんの腰骨 椎間板ヘルニアが見つかる

pillow photo

山田ルイ53世の年齢は 42歳、身長174cm、体重132、BMI値はなんと44と最も高い肥満の4度に該当。

番組では山田さんの腰骨を検査。すると結構ひどい、手術も考えるかもしれないという腰に重度の異常がみつかったとのこと。

それは、骨の間にある椎間板がはみ出し脊髄を圧迫する典型的な椎間板ヘルニアでした。

椎間板ヘルニアの原因

山田さんの椎間板ヘルニアの原因は体重にあったそうです。その重い体重により、過剰の重さに耐えられず椎間板が変形。これが腰痛の原因になっていたそうです。

炭水化物を控えている?

番組では、山田さんのに普段、ドカ食いなどをしているのか聞いたところ「全然ドカっと食べない」「炭水化物を控える 糖質カット」をしているとのこと。

正直なぜ自分が太るのかわからないとのこと。

山田ルイ53世の1日の生活に密着

山田さん自身なぜ太るのかわからないということで、番組では山田さんの1日に密着することに。

1日目、この日は地方へ営業。午後12:30分、本番1時間前楽屋に入る。するとなにかを取り出した。

それはサンドイッチ。パンは炭水化物だが、炭水化物制限は嘘だったのか。本にを直撃。

スタッフ「サンドイッチも炭水化物ですけど?」にたいして「ライ麦ですから!」「ライ麦パンのサンドイッチは健康にいいから大丈夫」「ライ麦は炭水化物にカウントされない」とちょっと意味の分からないことを言っていました。
この他にも、山田さんは健康に良いとされるものを制限なく食べていました。たとえば糖質オフのチョコレートや豆乳クッキーなど。愛飲しているのは0kcalのエナジードリンク。

こんにゃくを使った疑似米入りおにぎりも常に携帯しているとのこと。これらを1日6回に分けて合計3751kcalも摂取していました。

「地方に行った時は運動はしているの?」には普通の42歳では考えられないくらいエクササイズしているとのこと。

運動はホテルで行うという。午後5時、服を脱ぎ始めて室内を走りはじめ。シャドーボクシングや足上げなどを行っていまいした。運動はわずか4分程度でした。

枕を使った腰痛改善法

番組では整形外科医の神戸克明先生が登場し、山田さんのヘルニアが意外と深刻な状態であると説明していました。

この腰痛にちなんで、神戸先生が寝ながらできる腰痛改善法を教えてくれました。

そのやり方は、枕や布団を二つ折りにして、膝の下に入れて眠るだけ。この状態が椎間板の圧が弱まりラクになるとのこと。寝はじめの数時間でも良いとのこと。

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする