健康カプセル 1度の方程式 42度の入浴で鼻炎・気管支炎が解消 41度で冷え解消の理由

11月26日「健康カプセル!ゲンキの時間」では入浴する時お湯の温度1度の差が入浴効果にどう影響するかを検証。1度の方程式というのがあるとのこと。肩こり腰痛改善、免疫力アップや冷え性改善はは41度のお湯で、また気管支炎や鼻炎には42度のお風呂につかるのがおすすめとのこと。詳しく教えてくれたのは、これまで1万に以上の入浴を調査してきた医学博士の早坂信哉先生でした。

スポンサーリンク
広告(PC)




入浴の1度の方程式とは

onsen photo

早坂先生によると人それぞれによって適切な温度が変わってくるとのこと。そこで、番組では、3人のチャレンジャーに集まってもらいその効果を検証。いつも熱風呂に入っているという手足が冷えやすい人、腰痛肩こりに悩んでいる人、ぬるめのお風呂にはいっている気管支炎や鼻炎で悩みがある男性の3人。

先生はさらにそれぞれの悩みに対応する温度と入浴時間を決めた1度の方程式を教えてくれました。

42度が与える体への影響 血圧

42度の熱めのお湯が身体にどのような影響を与えるのでしょうか。血圧と心拍数を計測。3人の平常時との値を比較検証。

その結果3人とも42度では血圧と心拍数がともに上昇し41度では逆に血圧と心拍数が減少するという結果になっていました。

42度が自律神経の境界線

血圧の変化は、42度が自律神経の境界線になっているためにこのような結果になったとのこと。

41度は副交感神経が優位になるために血圧が低くなり、一方42度の熱めのお湯は交感神経が優位になるため血圧が上昇するとのこと。

つまり、入浴ではたった1度で真逆の効果になってしまうということでした。

奥さんに怒られるほど熱い風呂が好きな男性。この方はお風呂に入っても腰痛・肩こりが解消されないとのこと。

1度の方程式

では、効果別に何度でどのくらいの時間入浴すれば良いのでしょうか。このあたりについても詳しく早坂先生が教えてくれました。

肩こり腰痛改善

肩こり腰痛に悩む男性は41度のお湯に10分間浸かることでその硬くなった筋肉が柔らかくなっていました。

逆に42度のお湯に浸かった時は、むしろ筋肉が硬くなるという現象が起きていました。

手足の冷え解消

続いて、手足の冷えを解消するための1度の方程式は次のようになっていました。

41度以下の温度で15分入浴する。42度以上のお湯に浸かった場合、1時間後には身体の温度が低下してしまう結果になっていました。

温冷交代浴

さらに手足の冷えには温冷交代浴というのがおすすめだという。これは41度以下のお風呂に3分入った後、手先・足先に約25度のシャワーを30秒冷やし、これを3回繰り返す方法。

温度差によって血管が拡張と収縮を繰り返しポンプ作用によって抹消の血行を良くするとのこと。

気管支炎と鼻炎解消

続いて、気管支炎と鼻炎に悩む男性は42度のお湯に5分浸かることを勧められていました。

42度のお湯に浸かることで交感神経を刺激されて、気管が広がり、さらに蒸気を吸うことで呼吸がしやすくなるとのこと。

さらに、鼻炎の方は42度以上の蒸しタオルを使い蒸気を20秒間吸うだけで鼻腔内の腫れもおさまり呼吸がしやすくなるとのこと。

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする