便秘解消 大ぜん動を起こす方法は8時間なにも食べないこと 水はOK

11月28日のこの差って何ですかでは、便秘に関してお通じが良い人と悪い人の差を取り上げていました。なんでも、お通じが良い人というのは大ぜん動という腸の大運動が1日に1回は起きているとのこと。この大ぜん動があるかないかが便秘になるかどうかの差とのこと。では大ぜん動を起こすためにはどうすればよいのでしょうか。

スポンサーリンク
広告(PC)




大ぜん動を起こす方法 お通じが良い人の特徴

fiber photo

番組では、これまで2,000人以上の腸内トラブルを解決してきた、東邦大学医療センター大森病院の渡邉利泰先生が詳しくお通じの良い人と悪い人の差やお通じを良くするための大ぜん動を起こす方法を教えてくれました。

お通じが良い人と悪い人との差は、腸の動きにあるとのこと。実はお通じが良い人の腸では大ぜん動という腸の動きが起きているとのこと。

一方、お通じが悪い人というのは、ぜん動運動という24時間ゆっくりと腸を伸び縮みさせる運動しか起きていないので便秘になりがちになってしまうとのこと。

お通じが良い人の腸で起きている大ぜん動とは、激しくダイナミックに腸が動いている状態。

この大ぜん動の、便を肛門の方へ押し出す速さは、ぜん動運動の200倍といわれているとのこと。

また、この大ぜん動は1日に数回しか起きない運動で非常に珍しい運動になるとのこと。

大ぜん動を起こすためには8時間食事を開ける

ではどのようにすれば大ぜん動が起こるのか。先生によると、食事と食事の間は8時間何も食べないというのが大ぜん動が起きる条件とのこと。ただし水を飲むのはOKとのこと。

たしかに、起きている間は8時間食事を我慢するというのは難しいですが、ねてる間は何も食べない状態が続くので、夕食から朝食の間を8時間何も食べなければ良いということになります

40年便秘に悩み続けた松本明子さんも同じことを実践して、6年前に克服する事ができたそうです。

ポイントとしては寝る3時間前に夕食を済ませておくと良いとのこと。

8時間食事無しを実践した結果

番組では、40代から60代の女性に1週間続けてもらったところ、お通じが4日に1度、週に1度しか出なかったという方も2日めから便が出るようになったということでした。

お通じが悪くてお腹が張っていた女性も、91センチから87センチにお腹周りが減ったという。

これを実践した結果7人中6人の便秘が改善したということでした。

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする