リコード法のポイント アルツハイマーの初期は9割治る治療法とは

初期のアルツハイマー病は9割治るという治療法があるという。その治療法はリコード法。世界一受けたい授業では、アルツハイマー病の世界的権威のデール・ブレデセン先生がこのリコード法のポイントについて解説してくれました。

スポンサーリンク
広告(PC)




アルツハイマー病のチェック項目

初期のアルツハイマー病なら9割が治るということで、現在自分にアルツハイマー病のリスクが有るのかどいうかを次の10項目で簡単にチェックできるとのこと。

  • 毎日飲酒
  • 下痢になりやすい
  • 1日20本以上喫煙
  • つい食べ過ぎる
  • 虫歯や歯周病がある
  • 頭の大きな怪我をしたことがある
  • イビキをかく
  • 汗をかきにくくなった
  • 部屋が散らかっている
  • デスクワークが多い

これらの項目で、4から6個あてはまった場合は要注意で生活習慣を改善する必要があるとのこと。

7個以上当てはまった場合はアルツハイマー病の予備軍、もしくはリスクのある方とのこと。なので病院での検査をオススメするとのこと。

アルツハイマー治療 リコード法のポイント

brain photo

デール・ブレデセン先生が考えたというリコード法というアルツハイマー病の画期的な治療法は36個あるとされるアルツハイマー病の原因を一つずつ生活習慣を改善し取り除いていく方法だという。

従来のような治療法で薬をつかって36個の原因の一つだけを取り除いても病気の進行を止めることはできないとのこと。

リコード法のやり方

リコード法のやり方のポイントはアルツハイマー病の36個の原因を運動、食事、睡眠の改善からスタートするという。

食事

食事については、ブロッコリーやきのこ、鮭などを積極的位に取り入れること。

これらの食材は脳のゴミであるアミロイドβなどの毒素を外に排出してくれるとのこと。

また、発酵食品などを積極的に摂取して菌のバランスを正常化させます。これによって、脳に栄養が届きやすくなるとのこと。

そして最後はオリーブオイルやアボガドなどの不飽和脂肪酸を摂ること。これは脳の機能の向上に役立つとのこと。

運動

運動については筋トレをすること。筋トレで筋肉の量を増やすことでテストステロンというホルモンが作られ、ニューロンが活性化し認知機能のアップが期待できるとのこと。

睡眠

1日の睡眠は7時間から8時間。これ以下になると脳へのダメージが蓄積されてアルツハイマー病のリスクが高くなるとのこと。

リコード法にこれらの他にもサプリメントや脳のトレーニングが必要とのこと。

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする