新垣隆さんのジェットコースター血糖の原因は緊張 ハーバード式呼吸法で緊張を解す方法

音楽家の新垣隆さんはジェットコースター血糖であることが名医のTHE太鼓判で行った血糖値の検査で判明しました。ただ、新垣さんは普段はむしろ低血糖。しかし緊張した時にどかんと血糖値が上がるという特徴が見つかりました。番組では、緊張で血糖値が上がる理由と

スポンサーリンク
広告(PC)




新垣隆さんの血糖値の乱高下の原因は緊張だった

新垣隆さんの1日の血糖値を番組で計測した結果、乱高下を繰り返すジェットコースター血糖ということがわかりました。

このジェットコースター血糖とは1日のうちに何度も血糖値が乱高下すること。

普段、それほど血糖値が高くない人の血糖値が急上昇するとそれを下げようと大量のインスリンが分泌され上昇と下降を繰り返すという。

この大量のインスリンが分泌されると今度は逆に低血糖にの状態になるという。これを反応性の低血糖とよぶそうです。

低血糖の影響

低血糖が体に及ぼす影響は、不安感やイライラ、動悸や手足のしびれ、頭痛などの症状が現れる場合あるという。

緊張すると血糖値が上がる理由

新垣隆さんの場合、血糖値の上昇が緊張と関係していました。医師によると、緊張すると自律神経が乱れてしまうだけでなく、肝臓に蓄えられた糖が血液内に放出され、血糖値が上がるということでした。

緊張したら次のような方法でほぐすのも一つの方法とのこと。

ハーバード式呼吸法のやり方

緊張をほぐすのに効果的な方法として番組医師が教えてくれたのはハーバード式呼吸法でした。これは4・7・8呼吸法とも呼ばれている方法でやり方は次のとおりでした。

  • 4秒かけて鼻から息を吸います。
  • で、7秒止めます。
  • その後8秒かけて口から息を吐きます。

このように呼吸することで、ゆっくり息を吐くことと腹式呼吸が促されて自律神経が整い、緊張がほぐれるとのこと。

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする