沢田亜矢子さん ガボールパッチトレーニングで老眼が改善して近見視力が0.6から1.0に

ある3つのことをすることで老眼を改善させることができるという。沢田亜矢子さんはこの3つの方法、ガボールパッチトレーニングと人差し指トレーニング、40度のタオルで温めることを実践してなんと老眼が改善し近見視力もアップしていました。詳しいやり方は、主治医が見つかる診療所で紹介していました。

スポンサーリンク
広告(PC)




沢田亜矢子さんガボールパッチトレーニングで視力アップ

老眼を改善する方法の一つに、ガボールパッチトレーニングというのがあるそうです。

ガボールパッチというのは、目を鍛えるのではなく脳を鍛えることで目から入ってきた信号をしっかりとキャッチするというもの。

視力を回復させるには目の部分を鍛えるのが正解だと考えられてきたが、最近の研究では、目から情報を受け取る脳を鍛えることでも物が見えやすくなり視力が回復することがわかってきたとのこと。

このガボールパッチパッチトレーニングは脳を鍛えることで視力を改善させる方法です。

ガボールパッチトレーニングのやり方

ガボールパッチトレーニングは、輪郭がはっきりしない縞模様のマークを、3つ並べて消したり、同じ柄を探したりしてゲーム感覚で遊びながら脳を鍛えます。

やり方は、アプリをダウンロードして行います。

ぼやけた画像を脳で処理することで脳のトレーニングになるとのこと。

アメリカの大学の研究によると、40代から50代の18人に1回30分を週に2,3回、合計30回行ったところ、近見視力が平均で0.3アップしたとのこと。

沢田亜矢子さんは、1ヶ月間このトレーニングを続けた結果なんと沢田亜矢子さんの近見視力は0.6から1.0へとアップしていました。

続ける期間は2ヶ月

このガボールパッチトレーニングは2ヶ月程度続ければ多くの方になんらかの変化が出るとのこと。

人差し指トレーニング

続いて、人差し指を使ったトレーニング。人差し指を30センチほど目から離して立てます。

この人差し指にピントを合わせて、次に2m以上離れたモノにピントをあわせます。

これを毎日10回程度繰り返します。

これでピントを合わせる筋肉をしっかりと動かすことができるようになるとのこと。

40度のタオルで温める

さらに、老眼をストップさせる方法として40度位の温かいおしぼりを用意して目をつぶって、それを乗せて5分くらい温めます。

これは仕事や勉強の終わりに行います。

以上が3つの老眼を改善する方法でした。

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする