鈴木奈々さん炭酸水とアーモンドとお風呂の椅子で3日間で便秘解消?

名医の太鼓判では、便秘に悩むタレントの鈴木奈々さんが炭酸水とアーモンドをつかった便秘解消法に挑戦しました。これを実践後3日でスッキリしたようです。炭酸水とアーモンドはなぜ便秘解消に役立つのか、そこには大ぜん動運動という排便のチャンスとなるポイントがありました。また、お風呂の椅子をつかった排便のポーズも紹介していました。

スポンサーリンク
広告(PC)




鈴木奈々さんがアーモンドと炭酸水で便秘解消した方法

armond photo

Photo by matsuyuki

便秘に悩む鈴木さんは潔癖症のせいもあり、排便をを我慢することがあるとのこと。というのも、誰が座ったかわからない便座には座れないためだという。

医師の大竹真一郎先生によると便意を我慢し続けるとますます便秘が悪くなるという。排便のメカニズムは大腸で便を作って肛門へ押していくという。大腸はぜん動運動を1中休みなく小さくおこなっているが、1日のうちに大きく動く時があり(大ぜん動)この時が排便のチャンスだという。

大ぜん動運動のスイッチを入れる方法

この排便のチャンスである大ぜん動を起こさせるスイッチになるのは、朝食をしっかりと摂ることだそうです。便秘に悩む鈴木さん、何も食べたり飲んだりせずに仕事に行くことが多々あるとのこと。
大竹医師によると、どうしても何も食べられない時は、最低でもお水だけは飲むようにすると良いとのこと。

というのも胃の中に物が入ると腸が活発に動き始めるからだという。

炭酸水とアーモンドで便秘解消する方法

ただ、便秘の方で朝食が食べられないという方は、水よりも炭酸水を飲むと大ぜん動のスイッチを入れることができて便秘解消につながるとのこと。

さらに、便を柔らかくする効果があるというアーモンドを食べるとよりいっそう便秘解消に効果があるということでした。

アーモンドに含まれているマグネシウムに便を柔らかくする作用があるとのこと。

アーモンドの1日目安の摂取量は10粒程度。

鈴木奈々さん実践後3日間で効果

鈴木奈々さんはアーモンドと炭酸水による便秘解消法を実践しました。その結果、3日目の朝に便意がありたまってたものがスッキリしたようです。番組ではしっかりと本人による自撮りも紹介していいました。

お風呂の椅子で排便ポーズ

アーモンドと炭酸水の他に、便をスムーズに出すためには排便するときのポーズも重要とのこと。

一番簡単な方法はお風呂に使う椅子を用意して、足をのせて排便すると、便をスムーズに出しやすい角度になるとのこと。

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする