ビーツのケチャップと味噌の作り方 ビーツが血管を柔らかくする食材の理由

主治医が見つかる診療所では、血管を柔らかくする方法を紹介していました。血管を柔らかくする食材としてビートが紹介されていました。ビートを使った万能調味料の作り方も教えてくれました。ビーツケチャップやビーツ味噌などはいろんな料理に応用できるので便利そうでした。

スポンサーリンク
広告(PC)




ビーツが血管を柔らかくする理由

beet photo

番組が訪れたのは、食べるだけで血管が柔らかくなる食材がある群馬県の道の駅、中山盆地。

ここで売られていた血管を柔らかくするという食材はビーツでした。

一見すると赤かぶのように見えるが、ビーツはサトウダイコンの仲間だという。

どんな料理にビーツが入っているかというとロシアの郷土料理のボルシチなど。

大きめのスーパーなどでビーツは購入する事ができるそうです。

秋津先生によると、ビーツには硝酸塩NO3が含まれており、この硝酸塩が口の中に入ると一酸化窒素NOに変えて、それを体が吸収して血管が柔らかくなるという。

ビーツに含まれている硝酸塩の量はセロリやほうれん草に比べてもダントツだという。

ビーツを良く噛んで食べると唾液と硝酸塩が反応して変化をはじめ最終的に胃のなかで一酸化窒素に変化するという。これが吸収されて血管が柔らかくなるという。

また、ビーツの赤色の色素はベタシアニンというポリフェノールで強い抗酸化作用があり活性酸素を取り除き老化を防ぐ効果があるということでした。

ビーツのケチャップの作り方

番組ではビーツを作っている農家を取材。農家さんは万能調味料のビーツのケチャップの作り方を教えてくれました。

ビーツでケチャップを作ると普通のトマトケチャップを作るよりも砂糖が少なくて済むというメリットがあるとのこと。

ビーツには元々の甘味があるので少ない砂糖の量でケチャップがつくれるという。

番組で紹介していたビーツケチャップの作り方は次のとおりです。残念ながら具体的な分量などは掲載されていませんでした。

  1. ビーツと玉ねぎ、ニンニク、砂糖、酢を鍋に入れます。この時、水は必要ありません。
  2. 次に弱火で20分ほど煮込んでいきます。
  3. 最後にミキサーにかければ完成です。

糖分控え目なのでお好みの料理にタップリとかけて食べるのがおすすめだそうです。

ビーツケチャップはさっぱりとした甘味が特徴的とのこと。

ビーツ味噌の作り方

また、ビーツを時短料理で使っている達人はビーツ味噌という万能調味料を使っていました。

このビーツ味噌の作り方のポイントは次のとおりでした。ちなみに、こちらも詳しい分量は不明でした。

  1. 皮をむいたビーツを適当な大きさにカットしてミキサーかけます。
  2. 味噌、ニンニク、みりんを混ぜると完成です

まとめ

ビーツは血管を柔らかくする食材としては最適だと思いますが、普通にビーツを食材として使うとコストが結構高いので微妙だと思いました。ビーツの値段は一袋400円近くしていたので(番組で紹介していたお店の値段)、コストパフォーマンス的にはビートケチャップなどの加工品にするのがベストだと思います。

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする