名医のTHE太鼓判 ひざ裏のばし体操1日わずか3分で腰痛解消 遼河はるひさんも改善

名医のTHE太鼓判では、1日わずか3分でできるひざ裏伸ばし体操を紹介。この体操は3つのパートに分かれていてひざ伸ばしを行います。腰痛に悩む元宝塚スターの遼河はるひさんも2週間行うことで改善したそうです。このひざ裏伸ばしを教えてくれたのは外科リハビリテーション科の川村明先生でした。

スポンサーリンク
広告(PC)




1日3分のひざ裏伸ばし体操のポイント

腰痛の多くは腰回りの筋肉が硬直することで起きるという。腰の可動域が狭くなり、前屈をすると痛みがともなうので、腰がほとんど曲がらないという。

川村先生によると、腰痛改善にはひざ裏を伸ばしが効果的だという。足の一番中心になるのは膝の裏だという。

このひざの裏が硬くなって曲がってくると体全体が歪んでくるという。曲がったひざを伸ばして上げれば骨盤が立って背中が伸びて、その結果腰痛改善になるという。

番組では3つの腰痛改善運動を紹介していました。

ワンツースリー体操

これは、骨盤を支える筋肉が鍛えられ、弱った腹圧が回復その結果、背骨が伸びて腰痛が改善するということでした。

  • 足を大きく広げて背中を伸ばし、息を吐きながらお尻を落とします。
  • 落としたら太ももを3回叩きます。そして息を吸って背中を伸ばしてお尻を3回叩きます。

壁ピタドローイン

  • 壁にかかと、腰、背中、後頭部ををくっつけ立ちます。
  • つま先は90度に開き、ひざは内側に寄せます。最後に息を吸い、お腹を凹ませて5秒キープします。

壁ドンストレッチ

これがいちばん重要なひざ伸ばしになります。かかとが床から浮かないように注意します。

  • 壁に肩幅で両手をつきます。
  • 両手の間に視線を置き、足を前後に開いて後ろ足のひざを伸ばします。
  • そして、5回壁を押して最後に5秒間止めます。

これら3つのストレッチを1日に各1分間行います。2週間ほどで腰痛改善が見込めるとのこと。

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする