名医のTHE太鼓判 大島蓉子さんが1分のひざ枕体操でヒザ痛改善

名医のTHE太鼓判では、40年ヒザ痛に悩んでいるという名脇役として有名な女優の大島蓉子さんのヒザを検査しその原因について取り上げていました。なんでも、レントゲンでは変形性ひざ関節症と判断されたようです。番組では、ヒザ痛をリセットするひざ枕体操を紹介していました。大島さんもこれを実践し痛みが改善していました。

スポンサーリンク
広告(PC)




大島さんのヒザ痛の原因は変形性ひざ関節症

女優の大島蓉子さんは、階段の上り下りが苦手だという。長年ヒザの痛みに悩まされていて、今回、番組では大島さんのヒザ痛の原因と改善法をピックアップしていました。

大島さんのレントゲンを見ると、ひざの半月板が石灰化していました。関節の石灰化はカルシウムの摂取量が多くても少なくても起きるという。

石灰化したカルシウムがもともとの骨とぶつかり痛みを伴うそうです。また、番組医師によると、レントゲンから変形性ひざ関節症とのこと。

変形性ひざ関節症は女性に多い疾患でひざの軟骨が傷つくことで関節が炎症し痛みが生じるという。

これは階段の上り下り、重いものをよく持つといったことが原因の一つだということでした。

1日1分ひざ枕体操のやリ方

膝の痛みを1分でリセットするひざ枕体操を教えてくれたのは戸田整形外科リウマチ科クリニック院長の戸田佳孝先生でした。やり方をまとめると次のとおりでした。

  • まず、片方の膝の下に枕を入れます。
  • そしてひざを曲げた状態からゆっくりと伸ばして、枕にひざ裏を押し付け足首を上に上げます。
  • この状態を5秒間キープします。
  • 1日5回、10セット行います。

ポイントはお尻を浮かせないことと、ゆっくりとひざを伸ばすこと、伸ばしているときは太ももが硬くなっていることを確認することでした。

大島さんが言うには、体操前の痛みを10としたら、体操後は3くらい担ったとのこと。

大島さんのひざ枕体操の効果

番組では、膝痛に悩む大島さんがひざ枕体操を実践。その後、階段の上り下りを披露し、痛みが劇的に改善したようでした。

人はひざを曲げて生活していることが多く、日常的にひざ裏への刺激が少ない。そこで意識的にひざ裏を伸ばすことで動きが改善され痛みも少なくなるという。

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする