血管の老化防止食材にレバーがおすすめ ビタミンB6とビタミンB12、葉酸の3つのビタミンB群が血管を守る理由

血管の老化を予防する食材はたくさんありますが、どれがおすすめかというとレバーだ良さそうです。それは血管の老化に防止に良いとされる3つのビタミンB群がバランスよく含まれているためです。たけしの家庭の医学ではレバーが血管老化防止に効果があるのか、また3つのビタミンB群が血管を守る理由などをとりあげていました。

スポンサーリンク
広告(PC)




血管の老化防止にレバーを食べると良い理由

liver photo

血管の老化を止めてくれる食材としておすすめなのはレバーだという。なぜレバーなのかというと、3つのビタミンBをバランスよく含んでいるためだという。

またレバーなどに含まれている3つのビタミンB群の栄養素のうち1つでもかけてしまうと血管の老化防止は難しいとのこと。

2008年の国立がん研究センターの日本人4万にの食生活を11年に渡る調査でビタミンB群を普段から効率よく摂取をしている人はそうでない人に比べて心筋梗塞のリスクが2分の1だということがわかったという。

具体的にどうして3つのビタミンB群が血管老化防止に役立つのかについてはこの記事の後半にその理由があります。

血管年齢とビタミンBの関係

番組では50代から60代の男女7名の血液中のビタミンBの量を測定。7人中、もっともビタミンBの量が多かったのは少ない人に比べて2倍もあったとのこと。この方は56歳女性でした。

この女性の血管年齢を測定したところ、なんと実年齢のマイナス5歳の51歳でした。

レバーをよく食べいる人の結果

先ほどの調査で血管年齢がマイナス5歳だった女性の食生活の中に密着すると、
1日の食事の中にレバーを取り入れていました。取材時の夕食ではレバーの煮物を食べていました。

3つのビタミンBはビタミンB6・ビタミンB12・葉酸

血管老化防止の効果のある3つのビタミンBとは、ビタミンB1、ビタミンB12と葉酸のことです。

葉酸にはビタミンBという名前は付いていませんが、この栄養素はビタミンB群に含まれています。

最近の研究で、このビタミンB群の中の3つの栄養素をバランスよく豊富に摂ると心筋梗塞のリスクが軽減するということが発見されたとのこと。

3つのビタミンBが血管老化を防止する理由

加齢にともなってだれでも血管を傷つける血管老化物質が増加します。3つのビタミンBは体内に入り血管まで到達すると、まずビタミンB6が、たまった血管老化物質の半分を撃退します。

続いて、残りの半分の老化物質をビタミンB12と葉酸が撃退してくれるという。これが3つのビタミンBが血管老化の老化を防止する理由です。

つまり、3つの栄養素のうち1つでもかけてしまうと血管老化物質は完全に撃退されないわけです。

血管老化物質が残ってしまうとやがて血管がボロボロの状態なってしまうという。

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする