見栄を張るのは女性より男性が多い理由 女性の脳のほうが成長が早い?

男性と女性では考え方が違うと言われていますが、見栄を張るという行動においても違いがあるそうです。女性が何かのイベントに行く時に服を選びに悩むという心理には決して見栄をはるためではないとのこと。そこには、実はエストロゲンという女性ホルモンが関係しているそうです。

スポンサーリンク
広告(PC)




見栄を張るのは女性より男性が多い?

watch photo

見栄を張るのは男性と女性を比較した場合、どちらが多いのか、直感的には女性のほうが多いイメージを抱きがちですが、実際問題、男性のほうが見栄っ張りだという。

その理由はホルモンにあるという。男性ホルモンのテストステロンは競争心を高め、周囲に比べて1番になりたいという心情を生み出すという。

一方、女性ホルモンのエストロゲンは協調性を大切にする心情を強くするのでみんなと一緒であることに安心するという。

同窓会で女性がいい服を選ぼうとするのは、見栄を張るのが目的ではなく、みんなと同じレベルのものを身に着けたいという心情からくるという。

男女の欲しいもので比較

男性はどちらかというと、時計や車などステータスを示すものを欲する傾向にあるそうです。

女性の方はみんなが持っているもの、流行りものを持ちたがる傾向があるということでした。

女性の脳のほうが成長が早い

脳科学のスペシャリストの中野信子先生によると、脳の成長の速さや成熟度に関して男女で差があるという。

一般的に、脳の大きさ自体は男性の方が大きいが、脳の成長や成熟の度合いでいうと女性の方が早いとのこと。

思春期を迎えるころには、女性の脳は1,2年早く成熟するという。

女の子のほうが大人っぽいとよく言われるのは間違っていなかったということですね。

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする