大腸に胆汁酸をしっかり届ける食材エシャレット 胆汁酸を増やすと便秘解消する理由

最新研究によると、大腸の胆汁酸が便秘解消のポイントになるということがわかったそうです。なんでも大腸に胆汁酸がたくさん残っている人ほど便秘解消できるとのこと。たけしの家庭の医学では大腸の胆汁酸を増やす食材エシャレットを取り上げていました。また1日の食べる量は8本程度とのこと。

スポンサーリンク
広告(PC)




大腸に胆汁酸を届ける食材 エシャレットで便秘解消する理由

便秘の人と快便の人の違いはどこにあるのか。これは便を調べるとはっきりわかるという。番組では、快便の女性の便と便秘症の方の便を分析してどのような違いがあるのか検証していました。

その結果、便に含まれている胆汁酸の量に違いがありました。

快便の方の便には5.9μmol/g含まれていたのに対して、便秘症の方の便には、その半分以下の3.2μmol/g程度しか含まれていませんでした。

胆汁酸が大腸に届くと便秘解消する理由

便秘治療のエキスパートによると、胆汁酸を多く出せている人は便秘になりにくいとのこと。

胆汁酸は、体内にある消化液で食べたものと一緒に大腸に到達すると、大腸が活発になり、便を作ったり、便を肛門まで運んだりするという。

しかし、胆汁酸の多くは小腸で吸収されてしまい、大腸まではなかなか届かないという。さらに便秘症の人は胆汁酸が届いていないとのこと。

エシャレットには水溶性食物繊維が豊富

この胆汁酸を大腸にしっかりと届けるためには、水溶性食物繊維が重要になるということでした。

水溶性食物繊維が胆汁酸をつつみ、小腸で吸収されるのを防ぎ、大腸までしっかりと届くという

そんな水溶性食物繊維を多く含んでいる食べ物はエシャレットという野菜。

エシャレットはらっきょうのことで、らっきょうはお酢につけることが多いが、それを品種改良し、生でも食べやすいようにしたもの。

このエシャレット100gにはなんとおよそ9.1gもの水溶性食物繊維が含まれているという。

エシャレットの1日の摂取量

エシャレットは1日8本程度食べると1日の水溶性食物繊維の目安量(6g)を摂取することができるとのこと。

食べ方としては生で食べても、納豆の具にしても、餃子のあんにしても良いとのこと。

1日3食に分けて食べると効果的とのこと。

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする