伊達式痩せやすくなるコンビニでの買い物順 主食から先に買ってサイドメニューに温かい汁物で主食はお米がベスト

5千人の脂肪を減らしてきたという管理栄養士の伊達友美さんが痩せやすい人のコンビニの買い物の仕方を教えてくれました。なんでもそれは主食から先に購入し、サイドメニューには温かい汁物、主食にはお米を選ぶことだということでした。また、おやつにはビーフジャーキーが痩せやすくなるとのこと。主治医が見つかる診療所では伊達先生が詳しく教えてくれました。

スポンサーリンク
広告(PC)




伊達式痩せやすくなるコンビニ買い物順

伊達先生によると痩せやすい人と太りやすい人では、コンビニの買い物の仕方に違いがあるとのこと。そこで痩せやすい人のコンビニの3つの買い物のポイントを教えてくれました。

rice photo

Photo by Charles Haynes

最初に選ぶのは主食

真っ先にドリンクコーナーへ行くのはNGとのこと。というのも、途中お菓子のコーナーなどを通るのでついつい余計な太りやすくなる食べ物を購入する可能性が高くなるとのこと。

そこで、買い物をするときは、まずは主食(お弁当)を選んで余計な買い物をしないようにする。

サイドメニューには温かい汁物

次はサイドメニュー選びです。例えばヨーグルトとブラックの缶コーヒーを選んだ場合、これは体が冷える組み合わせだという。

このようなものを食べると、体が冷えるので、代謝が上がりにくくなるとのこと。つまり、太りやすくなります。

よって、冷たい飲み物に冷たいヨーグルトなどは避けるようにします。

主食はお米

主食としては、米、おにぎり、お寿司などのゴハン物を選ぶべきだという。水分も多く、腹持ちも良いのがその理由。これで余分なものを摂らずにすむという。

特に、酢飯や混ぜご飯系がオススメ。海藻類は脂肪の燃焼を助ける成分が豊富で、お酢は代謝を上げるので脂肪を減らす効果があるそうです。

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする