レジェンドブレス呼吸法 15秒でストレスを解消し折れない心を作る 疲れない体にする葛西式メソッドのポイント

疲れにくい体やストレス解消法は日常生活の中で健康的に生活する上で重要な事柄です。世界一受けたい授業では、15秒で緊張を解してストレスを解消するレジェンドブレス呼吸法と疲れない体にするための葛西式メソッドが紹介されていました。

スポンサーリンク
広告(PC)




15秒でストレス解消のレジェンドブレス

葛西紀明さんによると、折れやすい心を作る最大の原因はストレスだという。そこで、葛西紀明さんが、スキージャンプの本番の前で実践しているというストレス解消法を教えてくれました。これは、もともと企業秘密だったそうです。

その方法はレジェンドブレスという方法でした。やり方をまとめると次のとおりです。

レジェンドブレスのやり方

  • 鼻からめいっぱいに息を吸い込みます。
  • そこから、更に息を吸います。
  • 5秒間息を止めて
  • 歯の隙間からゆっくり息を吐き出します。

効果

葛西選手は、このレジェンドブレスで息を吐き終えると、自然とドキドキが治まり、ジャンプに集中することができたそうです。

重要なテストや仕事の前に行えば本来の力を発揮することができるそうです。

この呼吸法を実践した平昌オリンピックで7位だったスキージャンプ選手も緊張しなくなったとのこと。

ski photo

Photo by wka

疲れない体にする葛西式メソッドのポイント

葛西選手によると、疲れない体を作るポイントは代謝を上げることだということでした。

その理由は、基礎代謝が上がると、疲労物質が外に排出されるからだという。

基礎代謝を上げるためのポイントは2つありました。それは姿勢を正しくすることと下半身を鍛えることでした。

姿勢

疲れない体を作るには姿勢が重要とのこと。もっとも疲れないのは背筋をピント伸ばして真っ直ぐにする姿勢だという。

背筋を真っ直ぐに日頃から維持するには体幹が必要とのこと。番組では寝る間に3分でできる体幹トレーニングを紹介していました。

寝る前の体幹トレーニング

  • 仰向けに寝て、両膝を立てます。
  • へその1cm下を1cmへこませて力をいれます。
  • 上半身を起こし、おへそが見えたら3秒間キープします。
  • ゆっくり息を吐きながらもとに戻します。これを5回行います。

下半身を鍛える

下半身なh全身の筋肉の約70%が集まっていて、代謝をアップさせるのは筋肉なので、下半身の筋肉を鍛えることで代謝が上がりやすくなるとのこと。
また、下半身の筋肉は上半身に比べて衰えやすいので、日頃からトレーニングする必要があるとのこと。

葛西選手は、下半身の筋肉を鍛える方法の一つに、スキージャンプスクワットを教えてくれました。

スキージャンプスクワット

  • 肩幅程度に足を開いて頭の後ろで手を組みます。つま先と膝は正面を向くようにします。
  • 膝がつま先より前に出ないように、10秒かけて腰を落とします。
  • おしりが膝の位置くらいにきたら、ゆっくりともとに戻します。これを1日3セット、5回行います
スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする