エクストラバージンオリーブオイルのオレオカンタールに認知症予防効果あり?

オリーブオイルには最近の研究ですごいパワーがあることがわかってきたそうです。その成分でオレオカンタールという物質が、マウスの動物実験でアミロイドβをへらす働きがあることが報告されているとか。今でしょ講座では心臓のスペシャリストの佐田先生が詳しくオリーブオイルについて教えてくれました。このオレオカンタールはエクストラヴァージンオリーブオイルに含まれているとのこと。

スポンサーリンク
広告(PC)




オリーブオイルの成分オレオカンタール アミロイドβを減らす効果

オリーブオイルには2種類ありますが、特にエクストラバージンオリーブオイルにしかない大切な成分が存在しているということが最近の研究でわかってきたという。

それは、普通のオリーブオイルと違って製造過程で精製しないので残っている成分で、体にとっては非常に良いとのこと。

その成分というのはオレオカンタール

エクストラヴァージンオリーブオイルを味わったときに喉にピリッとした刺激を感じることがありますが、これがオレオカンタールの正体だという。

olive oil photo

脳への効果

オレオカンタールは脳へ影響があるのではないかということで最近研究が進められていて、認知症の予防効果もあるのではないかと考えられているとのこと。

アミロイドβの蓄積を減らす

ルイジアナ大学でのマウスの実験では、認知症の原因とされるアミロイドβを減らす働きがあるという研究結果が報告されたそうです。

エクストラヴァージンオリーブオイルと普通のオリーブオイルの違い

そもそも、通常のオリーブオイルとエクストラヴァージンオリーブオイルの違いとはなにか。これは次のような違いがあるとのこと。

エクストラヴァージンオリーブオイルはオリーブの実を絞っただけのオイルでオリーブの実に含まれている天然成分がそのまま味や香りになっているという。

一方、普通のオリーブオイルは絞ったオイルをその後精製して香りや味を取り除いた物だという。

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする