名医のTHE太鼓判 モト冬樹さん1週間減塩法で7.26gから5.01gの減塩に成功!

塩分のとり過ぎが問題とされている昨今。名医のTHE太鼓判でも、芸能人の塩分摂取量に注目。1日の塩分摂取量を計測するべく蓄尿検査を実施したところモト冬樹さんの塩分摂取量はなんと7.26gとなっていました。そこで番組では医師監修の元1週間減塩法でどれくらい減塩できるか検証していました。

スポンサーリンク
広告(PC)




モト冬樹さんの1週間減塩法 スプレー式の醤油がポイント

番組では、渡辺尚彦医師監修の元で1週間減塩法を教わっていました。やってきたのは都内の居酒屋。そこで、先生が1週間減塩をするためのコツをレクチャーしていました。塩気をとらないことで舌をリセットするのが目的とのこと。

ここでのレクチャーのポイントは次の2つでした。

  • 基本的には醤油、ソース、ドレッシングはかけない。
  • どうしても醤油をかけたいときはスプレー容器に入れた醤油にする。

また、先生が教えてくれた刺し身の食べ方は、わさびをつけるだけでした。スプレー式の醤油すら使っていませんでした。

醤油スプレーの効果

ちなみに、醤油スプレーにすると、醤油差しでかけた時の塩分の差は歴然でした。

冷奴に醤油を垂らした時、醤油さしを使った場合はだいたい3g、一方醤油スプレーの場合は0.1gにまで抑えることができるとのこと。つまり、かけ過ぎを防止できるそうです。

中濃ソース100gには5.8g、醤油100gには14.5g、和風ドレッシングには4.7gの塩分が含まれているとのこと。

25%減塩の味噌汁

この他、モト冬樹夫妻は普通なら味噌汁2人分で30gのお味噌を使うところ、25%減塩味噌を使い、味噌を18gに抑えたりして工夫をしていました。

塩魚から生の魚

また、いつもは塩鮭だったのが、今回は生の魚にしてグリルで焼いて調理。このようにすることで塩分を減らすことができるとのこと。

干物のアジの場合、100gあたり1.7gの塩分があり、それに対して生のアジは100gあたり0.3gとなっていて、生の魚をつかうことで塩分をかなり抑えることができるとのこと。

1週間減塩法の効果

このようにしてモト冬樹夫妻は1週間減塩法を実践しました。その結果、モト冬樹さんの1日の総塩分量7.26gだったのが5.01gに、そして奥さんの武東由美さんは3.50gから2.21gに減塩成功していました。

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする