ゲンキの時間 血管年齢若返りスパイスの作り方 七味に生姜パウダーをプラスした八味唐辛子で糖尿予防

健康カプセル元気の時間では、スパイスの健康効果に詳しい、食品医学研究所所長の平柳要先生監修の元、3つのスパイスを使った血管の若返りを検証していました。また、七味唐辛子にしょうがパウダーを加えた八味唐辛子が糖尿予防に良いということも取り上げていました。

スポンサーリンク
広告(PC)




糖尿病に効果 しょうがパウダーを加えた八味唐辛子

平柳先生によると、七味唐辛子にあるものを加えて八味唐辛子にすると脂質異常や糖尿病対策にもなるという。

そのあるものというのがしょうがパウダー

このしょうがパウダーを加えた八味唐辛子は、高血糖や脂質異常がある人にはおすすめだという。

しょうがは、血糖値上昇を抑制し脂質異常の改善が期待できるとのこと。

spice photo

Photo by geishaboy500

しょうがパウダーを混ぜる分量

ミックスする割合は七味唐辛子が1に対してしょうがパウダーが0.5の割合

刺激が強いので1日の摂取量は1.5gまでが限度とのこと。

コーンポタージュにふりかけるととても美味しいとのこと。

血管若返りスパイスの作り方

番組ではたった3つのスパイスで血管年齢が若返るのかも検証していました。この3つのスパイスの正体はターメリック、コリアンダー、シナモン

この検証に挑戦したのは血管年齢が60代という二人のチャレンジャーで結論から言うとふたりとも1週間で血管年齢は8歳程度若返っていました

二人が行ったのは1週間、1日1.5gの3つのスパイスを混ぜたものを食事にふりかけて食べただけでした。運動や食事制限は一切行っていませんでした。

3つのスパイスの割合

血管年齢若返りスパイスの作り方は、ターメリック、コリアンダー、シナモンを1:1:0.8の割合で混ぜ合わせるだけ

この特製スパイスの1日の摂取量の目安は1.5gです。

このスパイスは食事のときに納豆などおかずにちょっと古かけるだけで良いとのこと。

ちなみにターメリックには動脈硬化の予防や肝臓や神経の保護、シナモンは末梢神経の拡張や高血糖の改善、コリアンダーは胃腸の機能を高めてターメリックやシナモンの吸収を高める働きがあるとのこと。

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする