この差って何 色の薄いゴマ油は焼き魚とケーキに使うと良い理由

この差って何では色の濃いごま油と色の薄いゴマ油の違いの差についてとりあげていました。また、色の薄いゴマ油は焼き魚やケーキに使うと効果をはっきするとのことでした。

スポンサーリンク
広告(PC)




色の濃いゴマ油と色の薄いのゴマ油の違い

そもそも、ゴマ油の色の濃い、薄いの違いはどうして生まれるのか。番組では、ゴマ油を作っているメーカを取材。それによると製造工程にその違いがあるとのこと。

焙煎ゴマを使うと色が濃くなる

ちなみに、黒いごまや白いごまをつかったところで油にしたときには同じものになるのでごまの色は関係がないとのこと。ごまの色とゴマ油の色の濃い薄いは関係がありません。

では、どこに違いがあるのか。それはズバリ色の濃いゴマ油は煎ったごまを使っているとのこと。ゴマ油として搾り取る前に熱風で焙煎するそうです。

このごまを使うことで濃い色のゴマ油ができるとのこと。

ニオイの違い

ゴマを煎ることでもう一つの差が生まれるという。それはニオイ。色の濃いゴマ油はしっかりとニオイがします。

一方、色の薄いゴマ油はニオイが無いとのこと。

色の薄いゴマ油の使い方 焼き魚

では色の薄いゴマ油はどいった場面で使うのが適しているのか。それは、魚の切り身などに塗ってグリルで焼くとふっくらとジューシに焼き上げることができるということでした。

切り身にはハケなどを使って塗ると良いそうです。

ケーキに使うとふっくら

また、ホットケーキを焼くときに色の薄いゴマ油を使うとふっくらとしっとりと焼き上げることができるとのこと。

ゴマ油はケーキの生地を作るときに溶かしバターの替わりに使います。

ゴマ油を使うことで時間がたっても生地がふっくらと仕上がるそうです。

また、色の薄いゴマ油はニオイが無いのでケーキの味を損ねることが無いとのこと。

色の濃いゴマ油はサラダ

色の濃いゴマ油は風味をつけるためにサラダなどにかけたり、炒め物に使ったりします。

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする