名医のTHE太鼓判 ニンニク味噌の焼きおにぎりで血管を強くする にんにく1日ひとかけらで高血圧解消

名医のTHE太鼓判では、血管若返り食材を紹介していました。なんでも1日ひとかけらを食べるだけで血圧も改善するという。その食材とはにんにく。また、味噌と合わせることで血管の拡張効果をアップさせる焼きおにぎりレシピも紹介していました。

スポンサーリンク
広告(PC)




にんにく1日1欠片3週間で高血圧解消

番組では、にんにくが血管若返りに効果があるということで血圧が149の58歳男性と血圧が158ある女性で検証をおこなっていましった。
1日一欠片3週間食べ続けてもらいました

その結果149あった男性は133と正常範囲になり、158だった女性は134と正常範囲内にまで改善していました。

にんにくに血管拡張の効果

血管を強くすると言われているにんにく。日本大学名誉教授の有賀豊彦先生によると、にんにくに関して最近わかったことは、血管を拡張させる作用があることだという。

血管の壁を柔らかくし動脈硬化をも予防すると期待されているそうです。

にんにくはすりおろすとアリシンがでる

にんにくのどんな成分が血管の壁を柔らかくするのか。

にんにくはアリシンという独自の香りが有名。これは生の状態では入っていないという

アリシンは血液中の脂肪を燃焼し血行を促進する。さらに血液がサラサラになることで血圧が下がりやすくなると言われている。

このにんにくのアリシンという成分は、すりおろしたりすること生まれるとのこと。

アリシンは15分がピーク

しかし、アリシンには弱点があるとのこと。それは空気に触れると15分をピークにして効果がどんどん失われてしまうとのこと。

にんにく調理法は油と絡める

アリシンは油に溶ける脂溶性の成分なので油と合わせることでその効果が持続するとのこと。

なのでアヒージョにすると良いとのこと。

ニンニク味噌の焼きおにぎり

にんにくは味噌と合わせることでにんにくが持つ抗酸化作用を数倍にし、血管拡張作用も期待できるようになるという。

番組ではにんにく味噌をおにぎりにまぶす焼きおにぎりの作り方を紹介していました。

ニンニク味噌

  • 鍋にすりおろしにんにくを適量入れます。
  • お酒50cc、みりん50cc、味噌50gを加えて混ぜればニンニク味噌の完成

焼きおにぎりはこのおにぎりを作ってこのニンニク味噌を塗って3分ほど加熱すれば完成です。

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする