ガッテン 浮き指が原因でひざ痛や腰痛になることがある 自分に合った靴選びが重要

激しい腰痛や膝痛がなんと足の異変が原因で起きているという場合があるとのこと。その足の異変というは、足の指が浮いてしまう浮き指。ガッテンでは浮き指の予防法として自分に合った靴選びのコツを紹介していました。

スポンサーリンク
広告(PC)




腰痛と膝痛は浮き指が原因の可能性

66歳の女性のKさんは7年もの間、膝痛と腰痛と戦ってきたという。膝に関しては歩けないほどだったという。そのため2階建ての家を平屋にしたという。

ところが、体のある部分の異変を治したところ、7年も続いた膝痛と腰の痛みは2ヶ月で奇跡のように消えたとのこと。

この体の異変に気づいたのが阿久根英昭先生。先生は30年かけて10万人の足のうらにかかる圧力を測定したそうです。

これによって日本人の足に異変が起きていることがわかったという。

実はこのKさんは浮き指が原因で腰痛と膝痛に悩まされていました。

足型の特徴から浮き指

この10万人の足型からわかったことは、中にはなんと足の指が写っていない人がいたことでした。

これらの人は浮き指という状態でした。浮き指とは足の指が1本以上浮いている状態の人のこと

このデータによると男性で6割、女性でおよそ8割が浮き指だったということでした。

shoes photo

Photo by muhammad.u

浮き指と膝痛と腰痛、肩こりの関係

先生が行った調査によると、浮き指と膝痛、肩こり、頭痛、腰痛に相関関係があることがわかったということでした。

浮き指チェック

番組では浮き指かどうかを簡単にチェックする方法も紹介していました。

  • 自然にまっすぐに立ちます。
  • 次に誰かに協力してもらい、足の指の下に名刺くらいの厚さの紙を差し込んでもらいます。
  • 指の下に紙が入ってしまうと浮き指とのこと。

浮き指を予防し改善する方法

浮き指を予防する方法は、自分にしっかりとあった靴を履くことだということでした。つまり靴選びが浮き指の予防改善につながるとのこと。

自分にあった靴選びのポイント

自分の足にあった靴選びのポイントは次の通りでした。

  • 甲の部分に指が入る隙間があるかどうか。指が入るとブカブカな靴なのでサイズが合っていても靴紐をきつくするなどして隙間を埋めます。
  • つま先の親指の位置。かかとを合わせてから、つま先から1センチから1.5センチの隙間があると良いとのこと。

このように浮き指を予防することで腰痛や膝痛も改善する事があるとのこと。

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする