トイレットペーパーで靴箱消臭できる理由 塩を入れすぎたらじゃがいもを入れるとしょっぱさ軽減

なんと身近にあるトイレットペーパーで靴箱の消臭ができるそうです。また、ペットボトルのフタで大さじ1杯を測る方法や間違って塩を多く入れすぎた場合はじゃがいもを入れるとしょっぱさが軽減される裏技があるとのこと。詳しく取り上げていたのはくりぃむしちゅーのハナタカ優越館でした。

スポンサーリンク
広告(PC)




トイレットペーパーで消臭できる理由

下駄箱にトイレットペーパーを入れると消臭できる理由は東京教育研究所の研究員の橋本さんによると、紙が湿気を吸収しカビを抑制し消臭になるとのこと。

炭を置くだけでも消臭効果があり、トイレットペーパーも同じような働きをするとのこと。

なので防臭するならトイレットペーパーを入れておくと炭の代用になるそうです。

一方、唐辛子は防虫効果があるそうです。

大さじ1杯はペットボトルのフタで測れる!

次のハナタカは、大さじ1杯を測る方法。専用の計量スプーンなどがあればよいのですが、もしなかった場合次のものを用意すると簡単に計量することができるそうです。

それはペットボトルのフタでした。

ペットボトルのフタ1個分はなんと7.5ccとなっており、ペットボトルの蓋2杯分が大さじ1杯の15ccと同じになるそうです。

大さじ1杯と言われた、ペットボトルのキャップ2杯分とおぼえておけば簡単ですね。

toilet paper photo

Photo by woofiegrrl

塩を入れすぎた場合はじゃがいもを入れる!

汁物などで塩を間違って多く入れてしまったという場合、塩辛い味をまろやかにするためにまず思いつくのが水を入れて薄めることです。

しかし、水を入れると全体的に味が薄まってしまい台無しになってしまいます。

そんなときは、じゃがいもを入れると良いとのこと。

実は、じゃがいもを入れるだけでしょっぱさが軽減されるという。というのは、じゃがいもの中は塩分濃度がほぼ0なので、スープに溶けている塩分がじゃがいもの方へ移動し、全体の味がまろやかになるということでした。

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする