内山信二さんサバの水煮缶生活2週間で血圧改善 サバ缶ご飯と味噌汁がポイント

名医のTHE太鼓判では検査で内山信二さんの血圧が高いということで血圧を下げるためサバの水煮缶生活を2週間するように提案。結果2週間で内山さんは血圧を改善することに成功していました。サバの水煮缶を1缶そのまま使ったサバの水煮缶ご飯や味噌汁などにして食べていました。

スポンサーリンク
広告(PC)




サバの水煮缶で内山信二さんが血圧改善した方法

番組では内山さんに健康診断を行ったところ、上の血圧が140で中性脂肪が640という結果になっていました。

中性脂肪が高いと血液がどろどろになり高血圧になりやすい

とのこと。 サバの水煮缶にはDHAやEPAが豊富に含まれているので血液中の中性脂肪を下げる働きが期待できるという。

血管をしなやかにして、血液をサラサラにしてくれるそうです。ただ、最近ではサバの水煮缶がメディアで取り上げられていてスーパーなどでも品薄状態になっているところもあるんだとか。

2週間サバの水煮缶を食べる

そこで番組では内山さんに2週間のサバ缶生活をしてもらうことに。EPAとDHAが余すところなく入っているサバの水煮缶は汁ごと使います。

サバの水煮缶を入れたご飯

1つ目のサバの水煮缶レシピは、米をといだ後にサバの水煮缶をまるごと一個入れて炊くご飯からスタートでした。

サバの水煮缶の味噌汁

次に紹介していたのは味噌汁です。サバの水煮缶の汁をお椀に適量入れてそこにお湯と味噌入れて混ぜた味噌汁の完成です。最後に生姜を入れると臭みを抑えることができるという。

2週間後の内山さんの血圧と中性脂肪の結果

サバの水煮缶生活を2週間過ごした内山信二さんの血圧はなんと上が140、下が101だったのが

上が121、下が86と血圧が改善

していました。

また、中性脂肪の値も2週間前は640でしたが、なんと230まで減少しました。

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする