この差って何 ゴーヤの佃煮とゴーヤの肉詰め ゴーヤのモモルデシンの効果アップレシピ 苦くないゴーヤの見分け方

この差って何ではゴーヤに関することを取り上げていました。苦いゴーヤと苦くないゴーヤの見分け方や苦いゴーヤにはモモルデシンが豊富に入っていることやゴーヤの栄養成分を生かしたレシピのゴーヤの佃煮とゴーヤの肉詰めを紹介していました。

スポンサーリンク
広告(PC)




苦いゴーヤの見分け方 色の濃さとイボを見る

苦いゴーヤの見分け方は外見から判断することができるという。ポイントには2つあるとのこと。1つ目は色。色が濃いほうが苦いとのこと。より緑が濃いものが苦いとのこと。

2つ目のポイントはイボの大きさ。イボが小さくてより密集しているものは苦いとのこと。

成長の度合いで苦味がきまり、若いゴーヤはより苦味がつよいそうです。成長するに従って色が薄くなり苦くないくなるとのこと。

若いうちは外的に狙われないため苦くなるそうです。

ゴーヤ photo

Photo by nteee

ゴーヤのモモルデシンで活性酸素を抑える

管理栄養士の岡田明子さんによると、ゴーヤにはビタミンCやβカロテンが多く含まれていて苦いほど栄養効果が高いという。

苦味の成分はモモルデシンと呼ばれていて疲労や老化の原因の活性酸素を抑える働きがあるという。また、胃に入ると消化液の分泌を促し食欲を増進するとのこと。

ゴーヤの佃煮

自宅で簡単に作れるゴーヤ料理で栄養効果を引き出す食べ方としてはゴーヤ佃煮がおすすめとのこと。沖縄では万能調味料として使っているとのこと。

  • ゴーヤを4センチ間隔でカットします。この時横に切ります。
  • 次に縦に刻んでいきます。
  • そして2分ほどお湯で茹でます。
  • ゴーヤの水を絞ったあと、フラパンに入れて、黒糖、いりこ、お酢を入れて強火で炒めながら煮詰めます。水分が飛ぶまで炒めます。
  • 最後に鰹節とごまを入れてたら完成です。

最後に、kの佃煮をいれて混ぜご飯を作ります。炊きたてご飯にいれて混ぜご飯にすると産地ならではの食べ方

ゴーヤの肉詰め

疲労回復には最適のレシピになっています。

  • 1cm間隔に輪切りにします。そしてスプーンで綿を取ります。
  • 続いて肉だねを作ります。みじん切りにした玉ねぎ、塩、顆粒だし、醤油を入れて水分が飛ぶまで炒めます。
  • 続いて炒めた玉ねぎと豚ひき肉を混ぜ、片栗粉をまぶしたゴーヤの穴に肉だねを詰めていきます。
  • 2分ほどフラパンで蒸し焼きにします。
  • 両面に火が通ったら、水・顆粒だし・醤油を混ぜた調味料を加えて30秒ほど日を通せば完成です。
スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする