紫外線対策には硬めチーズ(ゴーダチーズやチェダーチーズ)としらすの組み合わせが効果的

この差って何では、この夏紫外線から肌を守る食材を紹介していました。なんでも硬いチーズが夏の紫外線から肌を守るそうです。硬いチーズはゴーダチーズやチェダーチーズなど。また、チーズとしらすを組み合わせることでカルシウムの吸収率がアップするとか。番組ではオススメレシピとしてチーズとしらすのトーストなどが紹介されていました。

スポンサーリンク
広告(PC)




紫外線対策に硬めのチーズが効果的

紫外線対策には硬めのチーズがオススメとのこと。まだまだ、猛暑が続いていますが、この時期たくさん汗を書くことでカルシウムも大量に流れ出ているそうです。

そして、汗のかきすぎでカルシウムが不足すると肌のバリア機能が低下してしまうので、紫外線によるシミや肌荒れを引き起こしやすくしてしまうとのこと。

チーズは牛乳が乳酸菌によって固まってできるものなのでカルシウムが豊富に含まれています。

なので紫外線対策に効果があるという。

cheese photo

Photo by attaboy

ゴーダチーズやチェダーチーズなど硬いタイプが良い理由

たくさんカルシウムが摂れるチーズというのは柔らかいものよりは硬いタイプだという。いわゆるゴーダチーズやチェダーチーズなど。

カルシウムはもともと牛乳に入っていて、濃縮効果の高い硬いチーズのほうがカルシウム濃度が高いとのこと。なので硬いチーズが良いということでした。

しらすをプラス

白澤先生がチーズを食べるときに一緒に食べたほうが良い食材としてしらすを紹介してくれました。

しらすにはビタミンDが豊富でカルシウムの吸収率を10%アップする働きがあるとのこと。

チーズとしらすのトースト

白澤先生オススメの紫外線対策のチーズ料理がチーズとしらすのトーストでした。

パンの上に硬いタイプのチーズ(ゴーダチーズやチェダーチーズ)としらすをのせます。

最後にパルメザンチーズを振りかけます。パルメザンチーズは熟成期間が長くカルシウムがより濃縮されているとのこと。なので紫外線対策には最適とのこと。

あとはレンジで加熱して完成です。

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする