名医のTHE太鼓判 酢納豆で視力回復?老眼にも効果あり 視力0.01から1.5へ回復したケース 夜に食べるのが効果的

目の血管の血栓を溶かしてなんと視力が0.01から1.5へ改善させる食材があるという。それが酢納豆だという。鳥取大学名誉教授の玉井嗣彦先生によると納豆は目の健康寿命を伸ばすことができる食材だという。納豆一パックに大さじ1杯のお酢を加えた酢納豆は夜に食べると効果的とのこと。

スポンサーリンク
広告(PC)




酢納豆で視力が回復する理由は血栓を溶かすため

玉井先生によれば、疲れ目や老眼の患者さんにも酢納豆をおすすめしているとのこと。この酢納豆を食べ続けてよく見えるようになったという患者さんもいるとのこと。また、老眼にも効果があるという。

酢納豆で視力0.01から1.5へ回復した男性

今から数年前、先生のもとに目が見えにくくなったという80代の男性が訪ねてきたという。視力は0.01で網膜血管閉塞症を患っていたとのこと。

網膜血管閉塞症は、コレステロールや高血圧、生活習慣病により目の血管に血栓ができて、血流が滞りやがて出血を起こす病気。

この病気は50歳以上の人に多く高血圧や2型糖尿病の人がなりやすいという。

玉井先生は、あるたべものをこの患者に勧めたという。最終的には1.5の視力に改善したとのこと。

わずか2ヶ月続けただけで視力が0.01から1.5に改善したそうです。

その食べ物というのが酢納豆でした。

酢納豆の作り方

酢納豆は納豆1パックあたり大さじ1杯程度かけて混ぜて完成です。これで視力回復のための食材は完成。

ナットウキナーゼと酢酸

傷ついた血管にできるかさぶたのようなものが血栓。納豆に含まれているナットウキナーゼという成分には血栓を溶かす作用があるとのこと。

また、お酢の酢酸という成分は血圧の上昇を防ぐ働きがあるという。

このように、血栓を溶かして血流を良くするため、酢納豆で視力回復が期待できるとうことでした。

酢納豆は夜に食べる

酢納豆は食べるタイミングが重要だという。酢納豆は、夜に食べるのが重要だという。

血栓ができて血流が悪くなるのは深夜から早朝の時間だという。ナットウキナーゼの血栓を溶かす効果は12時間続くので夜に食べておくと効果的とのこと。

注意事項

現在ワーファリンなどの抗凝固薬を処方されているかたは薬の効果が弱まる可能性があるので納豆の摂取はやめたほうが良いとのこと。

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする