たけしの家庭の医学 高血糖を防ぐ新たな食材はホエイ 食前のヨーグルト(乳清タンパク質)の摂取とリコッタチーズがおすすめの理由

yogurt photo

たけしの家庭の医学では、高血糖を防ぐための最新の方法を探るため旭川医科大学の太田嗣人先生の元を訪れました。なんでも、最新の研究によると、高血糖を防ぐ食材としてホエイが紹介されていました。ホエイ自体から作られるリコッタチーズがおすすめとのこと。また、ヨーグルトの上澄み液もホエイだという。このホエイの乳清タンパク質が血糖値の上昇を抑える鍵になるとのこと。番組の検証では食前にヨーグルトを食べたほうが血糖値が抑えられていまいsた。

スポンサーリンク
広告(PC)




ホエイが高血糖を防ぐ理由とリコッタチーズ

太田先生によると最近のヨーロッパの糖尿病学会の研究で、ある食べ物の成分がインスリンの分泌を高め血糖値を下げてくれる働きがあるということが報告でわかったということでした。

血糖値を下げる、インスリンを増やしてくれる最新の食材とういのはホエイでした。

ホエイとは、チーズを作る過程でできる上澄み液のこと。いわば余った副産物。出来上がったチーズにはほとんど含まれていないとのこと。

リコッタチーズでホエイの摂取

チーズにはほとんどホエイが含まれていないそうですが、このホエイ自体から作られるチーズがあるとのこと。

そのチーズはリコッタチーズでした。

ヨーグルトでもホエイを摂取できる

リコッタチーズじゃなくても身近にホエイを摂取する機会があるという。それはヨーグルト。ヨーグルトからでてくる上澄み液はホエイそのものだという。

ヨーグルトに含まれているホエイは牛乳よりも上で身近な食品では一番多いとのこと。

ホエイの栄養成分 乳清タンパク質

ホエイに含まれている栄養成分は、ビタミンやりん、鉄、銅、亜鉛、ナトリウム、タンパク質など様々。

この中で血糖値の上昇を抑える栄養成分はタンパク質(乳清タンパク質)だという。

このホエイのタンパク質には必須アミノ酸が豊富でバランスも良いという。このホエイのタンパク質が小腸を刺激することによってインスリンの分泌をうながすホルモンが増加。これによって、血糖の状態を改善できる可能性があるという。

ヨーグルトの摂取は食前に100gがおすすめ

今回は番組で、食後と食前のどちらが血糖値の上昇を抑えるのかを検証していまいした。

その結果、食前にヨーグルトを食べたほうが血糖値の上昇を抑えることに成功しました。

これは、ヨーグルトのホエイタンパク質によって、インスリンが早めに分泌されたためにこのような結果になったのではないかということでした。

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする