仰天ニュース 人間のフケにアレルギー反応を示す犬アダム

dog photo

仰天ニュースでは人間アレルギーに苦しむ犬が紹介されていました。なんでも人間のフケでアレルギーを引き起こすということでした。この犬はアダム。4年たった今では薬を服用しながら普通に人間と生活することができるとのこと。

スポンサーリンク
広告(PC)




人間アレルギーに苦しむ犬

番組ではアメリカはインディアナ州インディアナポリスにいるベス・ウエーバーさんのところを訪れました。この街で前代未聞のアレルギーが見つかったという。

このアレルギーを持つのは彼女ではないという。

今から4年前、動物の保護や犬をトレーニングする施設で働いていたベスさん。ある日同僚から電話があったという。

それは状態がひどい犬がいるというものだったという。それは、体中の皮膚が剥げていて、膿がでていてドロドロだったそうです。

しかも激しいかゆみに襲われているようだったという。そこで、ベスは自分で引き取ることにしたという。

この犬の名を「アダム」と名付けた。

何らかのアレルギー症状

そこで、アダムを街の動物病院へ連れて行くことに。そこでは、何らかのアレルギーだと診断を受ける。

免疫抑制の薬が処方され、体を清潔に保つように獣医から言われる。

実は人間アレルギーだった

しかし、酷いアレルギーに苦しんでいたアダムはなんと人間アレルギーに苦しんでいました

つまり、アダムは人間に対してアレルギー反応を持っていたのです。

そんなことはもちろん誰も気づかず、ベスさんはアダムに愛情を注ぎ込みました。

皮膚を引っかかないように服を着せたり、傷口をなめたりできないようにエリザベスカラーをつけたりなど。

3日に1回はアダムの体をきれいにもしました。

アレルギー検査の結果

獣医によるアレルギー検査の結果、アダムはどんぐりや雑草、小麦にアレルギー反応を示すことがわかりました。

しかし、人間アレルギーかどうかはこの検査では知ることができません。

なのでアダムの状態は全然良くなりませんでした。

人間アレルギーの原因はフケだった

アダムはだんだん別の症状にも苦しむようになってきたという。それは下痢。犬のアレルギー症状は嘔吐や下痢に現れることが多いうという。

再検査

そこで、再度アレルギー検査をすることにしました。こんどは症状が起きている皮膚にどんなものが付着しているのか調べることにしました。

そしてようやく人間がアレルギーの原因であるということがわかりました。

しかも人間のフケでアレルギーを起こしていたそうです。

このケースは人間と犬や猫が接することで、ペット側がアレルギーを起こす良い例になったそうです。

直接接触を避けるようにした

ベスはアダムとは極力直接接触することを避けるようにしたという。体を洗うときも手袋をして肌に触れないようにしたり、シャンプーハットもするようにしたという。

治療と回復

動物病院では、極微量のアレルゲンを少しずつ注射してアレルギー症状を緩和していく治療を行い今では徐々に改善し、4年たった今では人間と普通に生活することができるということでした。

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする