10日間の酢ベジ生活(酢ショウガ)で金田朋子さん血糖値スパイク解消し(酢にんにく)で具志堅さんは血圧改善

名医のTHE太鼓判では、血圧・血糖値が高めの方に注目されているものとして酢ベジ生活が紹介されていました。番組では金田朋子(酢ショウガ)さんと具志堅用高(酢にんにく)さんが10日間の酢ベジ生活にチャレンジしました。番組医師団のリーダー森田豊先生が酢ベジについて詳しく教えてくれました。

スポンサーリンク
広告(PC)




金田朋子さんと具志堅さんの3週間酢ベジ生活

番組では金田朋子さんの血糖値を計測したところ食後に血糖値が265まで急上昇するという血糖値スパイクがあることがわかりました。

一方、具志堅用高さんは上が167と高血圧であることがわかりました。

番組ではこれら血糖値と高血圧を解消するための方法として酢ベジ生活を提案しました。

酢ベジ生活とは

番組では酢ベジの達人が登場し酢ベジのコツを教えてくれました。

達人の冷蔵庫にはお酢に漬けた野菜がいっぱいありました。

酢ベジとはお酢に漬けたベジタブル(野菜)のことです。そのまま食べたり、料理に使ったりします。

酢ベジのメリットは酢と野菜の栄養が手軽に摂れるところです。

酢ショウガの作り方

まず紹介していた酢ベジは酢ショウガでした。血糖値を下げるとのこと。

  • ショウガ2,3個を皮ごとつかい、みじん切りにします。
  • あとは酢(400ml)に漬けます。

酢にんにくの作り方

具志堅さんが挑戦した酢ベジはすにんにくでした。作り方は次のとおりでした。

  • 皮をむいたにんにく20片をレンジで軽くチンします(臭い消しのため)。その後でみじん切りにします。
  • その後はりんご酢(400ml)に漬けて完成です。1ヶ月漬けておけば熟成してさらに臭みが抜けるそうです。

酢ショウガで金田朋子さん血糖値が改善

10日間の酢ベジ生活では、金田朋子さんは酢ショウガを食べていました。お味噌汁にいれて食べたりしていました。

金田朋子さんはなんと食後血糖値が265からなんと132まで下がっていました。

酢にんいくで具志堅さん血圧改善

具志堅さんは酢にんにくで高血圧解消にチャレンジしていました。

作った酢にんにくをゴーヤチャンプルーに入れて食べたりしていました。ステーキのタレに加えたりもしていました。

10日間で167から153と改善の兆しが見られました。

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする