口臭におなら成分があったら高血糖の可能性 小腸のガスを減らす方法は間食を減らすこと

たけしの家庭の医学では、食べ過ぎとは違う第2の高血糖の原因を取り上げていました。それは小腸のガスが原因とのこと。口の息の中におなら成分がどのくらいあるかどうかでわかるとのこと。高齢者の15%にこの高血糖の第2の原因が潜んでいるとのこと。詳しく教えてくれたのは横浜市立大学の中島淳先生でした。

スポンサーリンク
広告(PC)




口臭におなら成分があったら高血糖の可能性?

高血糖の第2の原因で血糖値が高くなっているかどうかを確かめる方法は、なんと、吐くの息の中におなら成分があるかどうかだという。

血糖値を引き上げる原因が小腸にあると、吐く息に大量のおなら成分が含まれているというのです。

小腸で発生するガスが高血糖の原因

では、小腸に潜む血糖値を上げる第2の原因とはなにか。それは、小腸に発生するガスです。

番組では息におなら成分が検出された方の小腸のレントゲン写真を取り上げ、小腸に実際にガスが溜まっていることを見せていました。

小腸にガスが溜り高血糖になる理由

小腸で発生するガスはおならの成分と同じで、メタン、水素などニオイの原因となる硫黄化合物。

このようなガスが小腸に大量発生すると、小腸が膨れ上がり小腸の壁を傷つけてしまうという。

この傷口から腸内の毒素が血液の中に侵入して、毒素の影響で血糖値を下げるインスリンの働きが低下して血糖値があがると考えられているという。

小腸にガスが発生する理由

ガスを発生させているのは腸の中にいる腸内細菌。入ってきた食べ物を栄養として増える。

その食べ物を餌にする際にガスが発生させます。

通常腸内細菌は大腸に存在していて小腸にはほとんどいないという。

加齢やストレスによって小腸の動きが鈍くなると、食べ物が小腸で停滞して、その食べ物を餌にして腸内細菌が過剰に増殖してしまうという。

このため小腸に大量のガスが発生するそうです。

小腸のガスをへらす方法は間食を減らす

血糖値を押し上げる小腸のガスをへらす方法はあるのでしょうか。中島先生によると、腸内細菌は餌なしでは生きられないので、次の食事までの時間をあけるとその間にずいぶん減ってしまうとのこと。

つまり、小腸のガスを減らす方法は食事と食事の間を十分に開けることでした。

さらに食事の間隔8時間程度開けることと、間食をしないことでした

ちなみに、間食がダメな理由は、それによって腸内細菌に栄養を与えてしまうからです。

実際問題、間食を完全に減らすということは、結構難しいかもしれませんね。

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする