初耳学 すべての結婚は一時の気の迷いだという理由 天然の惚れ薬フェニルエチルアミンが原因

9月9日の林先生の初耳学の白熱教室では、結婚の現実について取り上げていました。なんでも、すべての結婚は一時の気の迷いだということでした。天然の惚れ薬(フェニルエチルアミン)によって結婚してしまうだけだという。なので、結婚後はむかしはこんな人じゃなかったのにと思ってしまうとのこと。

スポンサーリンク
広告(PC)




すべての結婚は一時の気の迷いだった

このような過激な見解はある医学者が書いた本『なぜ妻は、夫のやることなすこと気に食わないのか』の一文。

医学的見地から結婚のきれいごとを一刀両断したこの本に林先生は共感したとのこと。

男女が結婚する理由(医学的見地)

医学的にみると男女が結婚する理由は次のようなものだという。

すべての結婚は間違いである。若いときの男性・女性ホルモンの過剰分泌によって気がおかしくなって結婚に至るのである。

10代後半から20代は体内で性ホルモンが活発に作用する時期で、動物でいうと発情期。

男性は女性にわがままを言われても可愛い、愛しいと感じる。

女性も、「このひとの子供がほしい」と血迷ってしまうという。

30代や40代以降で結婚した場合はどうなのか

実はこのような場合でも、恋愛中は脳内に関係なく天然の惚れ薬であるフェニルエチルアミンが多量に分泌され恋に溺れた状態になるという。

フェニルエチルアミンは3,4年で減少

残念ながらこのフェニルエチルアミンという物質は同じ相手に対しては3,4年で減少してしまうとのこと。

結婚してこんな人じゃなかったと思う理由

このフェニルエチルアミンが減少することで恋に溺れた状態から開放されて冷静になります。

それによって、結婚したときはこんな人じゃなかったのにと感じるという。

自分が相手を許せなくなっただけ

実は相手が変わったのではなくて、自分が相手を許せなくなっただけだという。

結婚生活の現実 夫源病

実際問題、夫が妻にとってストレスの原因になるケースも多数存在しています。

夫源病と呼ばれるものもあります。これは、中年女性が夫の存在や言動から来るストレスによって体調不良に陥ると考えられている病気です。

更年期障害が実は夫が原因の症状だったというケースもあるとのこと。

このような場合、妻が夫から離れることで(プチ別居)症状がみるみる良くなることがあるそうです。

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする