あさイチ 高城風中国風そぼろとキャベツ炒めの作り方

あさイチのみんなごはんだよのコーナーではお家にあるストック食材を使った中国風そぼろを紹介していました。このそぼろはアレンジして使うといろんな展開ができるんだとか。このそぼろを使ってキャベツ炒めの作り方も伝授してくれました。

スポンサーリンク
広告(PC)




高城順子さんの中国風そぼろの作り方

中国風そぼろを教えてくれたのは料理研究家の高城順子さんでした。詳しい材料と作り方の手順は次のとおりでした。ポイントは、甘辛い味に豆板醤を効かせてピリッとした味にすることでした。

soboro photo

Photo by inazakira

材料

  • 豚のひき肉…300g
  • しょうが汁…少々
  • 酒・醤油…各小さじ2
  • しょうが…1かけ
  • 干ししいたけ(水で戻す)…3枚
  • たけのこ(水煮)…60g
  • テンメンジャン…大さじ3
  • トウバンジャン…小さじ1
  • ネギ(みじん切り)…3分の2本分

作り方の手順

  • ボウルに豚の挽肉を入れてます。ここにしょうが汁を加えて、酒・しょうゆを各小さじ2ずつ入れてざっくりとお箸で混ぜます。
  • サラダ油大さじ1をフライパンに引き、しょうがをみじん切りしたものを1かけ分入れて加熱します。中火で香りを立たせます。
  • ひき肉を入れて、強めの中火でほぐしながら炒めていきます。
  • 次に、水で戻した干ししいたけ3枚分とたけのこの水煮(60g)をそれぞれ7センチ角にカットします。
  • 加熱している肉が白っぽくなってきたら、干ししいたけとたけのこを加えて加熱します。
  • 続いて調味料を作ります。砂糖と醤油とお酒を各小さじ2ずつ混ぜて作ります。この調味料は後で使います。
  • 続いて、ひき肉を加熱しているフライパンの鍋底にテンメンジャン大さじ3、トウバンジャン小さじ1を入れて混ぜ合わせます。そして水分を飛ばします。
  • 次に先程の調味料を加えて、あらみじん切りにしたネギを加えて軽く炒めれば完成です。

そぼろの保存方法と期間

次に、保存方法についてです。粗熱が取れたら保存袋へ入れます。そして冷蔵庫に保存した場合3から4日間程度、冷凍庫だと3週間ほど保存することができるとのこと。

キャベツ炒め

続いて、先程作った中国風そぼろを使ってキャベツ炒めを作ります。

材料

  • キャベツ…200g
  • ゴマ油…大さじ2分の1
  • トウバンジャン…小さじ2分の1
  • 中国風そぼろ…150g

作り方の手順

  • フライパンに胡麻油大さじ2分の1を引き、ざく切りにしたキャベツを入れて加熱します。
  • 次にトウバンジャン小さじ2分の1をいれて炒めます。
  • 最後に中国風そぼろを加えて炒めれば完成です。そぼろは温める程度で大丈夫とのこと。
スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする