あさイチ 炭酸で作るハンバーグ 炭酸水は2回で肉200gに対して大さじ3が目安

あさイチでは、管理栄養士の新生暁子さんが炭酸水を使った詳しいレシピを紹介してくれました。お題目は炭酸で作るハンバーグ。炭酸水を使うことでふっくらフワフワな食感になるとのこと。炭酸水を2回使うことがポイントでした。

スポンサーリンク
広告(PC)




炭酸で作るハンバーグのコツ

お肉がふっくらとして柔らかくなるのが特徴とのこと。ポイントは炭酸水を2回使うことでした。

humberg photo

Photo by pelican

材料

材料は特に目新しいものはないので普段から作っているハンバーグの材料でOKです。ただ炭酸水を使う点は違います。

  • 炭酸水…大さじ3
  • 合いびき肉…200g
  • 玉ねぎ…2分の1個
  • パン粉
  • 卵…1個
  • 牛乳
  • 胡椒
  • サラダ油

作り方

  1. ボウルにパン粉を入れて牛乳を加えて混ぜておきます。
  2. そこに、合いびき肉に、みじん切りにして炒めた玉ねぎ、生卵を入れて混ぜます。ここで合いびき肉200gに対して大さじ3(45ml)の炭酸水を加えます。
  3. 1,2分ほど混ぜてから10分程度冷蔵庫に保存(寝かせす)します。
  4. 次に、冷蔵庫で寝かせておいたタネをハンバーグの形にしていきます。
  5. 油を引いたフライパンに、ゆっくりとタネを乗せて加熱します。
  6. そして、ひっくり返します。タネが柔らかいのでひっくり返すときは慎重に行います。続いて2回めの炭酸水(50ml)を加えてフタをして5,6分加熱して水分を飛ばしたら完成です。

ハンバーグの中の炭酸水は熱が加わると気泡が膨らみ肉を持ち上げます。やがて蒸発するが、その部分は空洞になりふんわりとした食感になるという。

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする