名医のTHE太鼓判 疲労回復のレモンパワーレシピ 鶏胸肉のレモンサラダ

レモンのクエン酸は疲労回復予防によいそうです。もちろん夏バテ対策には最適な食材です。名医のTHE太鼓判では、このレモンを使った、レモン農家の方が考案した疲労回復レシピを取り上げていました。その中ではレモンドレッシング、そして塩レモン、これらを使った鶏むね肉のレモンサラダを紹介していました。

スポンサーリンク
広告(PC)




鳥の胸肉のレモンサラダとレモンドレッシング

管理栄養士の浅野まみこ先生によるとレモンのクエン酸と鳥の胸肉にもイミダペプチドという疲労回復物質が含まれているので、合わせて摂ることでより疲労予防には良いとのこと。

lemon photo

Photo by 16:9clue

塩レモンの作り方

鳥の胸肉のレモンサラダを作る前に、塩レモンを作っておきます。これはレモンドレッシングを作るときに必要になります。もっとも、まともに作ると1ヶ月から3ヶ月かかるので市販の物を用意した方がベストです。

  • レモン1個(100g)に対して塩40gでつけます。
  • 1~3ヶ月ほど漬け込みます。

鶏むね肉のレモンサラダの作り方

  • レモンをスライスしてシリコンスチーマに敷きます。
  • 薄く開いた鶏むね肉に塩コショウをしてシリコンスチーマにのせます。
  • また、スライスしたレモンをのせて、下と上で挟むようにします。
  • 電子レンジで5分間加熱します。
  • 火が通ったら粗熱をとります。この間にレモンドレッシングを作ります。次のレモンドレッシングを参照してください。

レモンドレッシング

続いてレモンドレッシング。レモンドレッシングは先程の鶏むね肉の粗熱を取っているときに、この合間に作ります。

  • 塩レモンを大さじ4、オリーブオイル大さじ4、レモン果汁2分の1個分を加え鶏肉の蒸し汁を加えて混ぜます。
  • そぎ切りにした蒸し鶏をお好みの野菜に乗せて、ドレッシングをかけると完成です。

1週間レモンを食べるとどれくらい疲れが取れるのか

番組では、普段からいい睡眠がとれずに疲れがたまっているという58歳の女性と56歳の男性にレモンを食べてもらう実験を1週間行いました。

その結果はなんと58歳女性の疲労年齢は70歳だったのが56歳に、そして56歳男性の疲労年齢は70歳だったのが63歳になっていました。

つまり、ふたりとも疲れが改善されていました。

疲れが改善した理由は、レモンに含まれているクエン酸によるものだということでした。

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする