世界一受けたい授業 南極ママ料理人の悪魔のおにぎりとおじやコロッケ、フライドポテトグラタン

普通の主婦がなんと南極へ1年4ヶ月間滞在し料理人をしていたそうです。世界一受けたい授業では渡貫淳子さんが南極料理人をしていたときに開発した人気のリメイク料理の悪魔のおにぎりとフライドポテトグラタン、おじやコロッケを紹介していました。

スポンサーリンク
広告(PC)




リメイク料理の悪魔のおにぎり

南極では汚水やゴミは簡単には捨てることができないという。最低限焼却炉で燃やすことができるそうですがあくまでも最低限の使用しか認められていないそうです。

そのため、残り汁はなるべくでないように工夫したり、残り物も再利用する必要があるとのこと。

渡貫さんが南極で作ったラーメンは例外を除いてほぼ汁なしとのこと。

また、生ゴミが出ないように残った料理も別の料理にリメイクするとのこと。

悪魔のおにぎり

まずは、リメイク料理で夜食に人気だったのが悪魔のおにぎりだという。作り方は次のとおりでした。

  • 材料は余ったご飯、天かす、天つゆ、青のりを使います。
  • これらをすべて混ぜあわせます。
  • あとはラップに包んで握るだけで完成です。

夜食を食べるとカロリーが気になる。でも美味しいからついつい食べるそんな理由から悪魔のおにぎりと名付けられたとか。

フライドポテトグラタン

次は余ったフライドポテトをリメイクしたリメイク料理。

  • グラタン皿に残り物のフライドポテトを入れます。
  • ミートソースをたっぷりとのせます。この上にとろけるチーズをお好みで乗せてます。
  • トースター700Wで10分温めれば完成です。

おじやコロッケ

最後はおじやの残りを使ったリメイク料理でした。

  • おじやの残りはまず、冷まします。米粒に水分をよく吸わせます。
  • そこに刻んだチーズ、ハムを入れて混ぜ合わせます。
  • これをボール状に成形します。
  • 小麦粉、卵、パン粉を付けて表面がきつね色になるまで揚げれば完成です。
スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする