世界一受けたい授業 お寺カレーとトウモロコシご飯の作り方 掃除で心と健康を整える

世界一受けたい授業では、こころと体を整える食べ物としてお寺ご飯が紹介されていました。そのなかでもお寺カレーとトウモロコシご飯ががおすすめとして取り上げられていました。また、掃除をすることで心整えて健康的な生活を送るヒントも紹介。詳しく教えてくれたのは住職の青江覚峰先生でした。

スポンサーリンク
広告(PC)




お寺カレーとトウモロコシご飯の作り方

お寺カレーの特徴は玉ねぎやにんにくなどの精のつくものやニオイの強いものを使っていないことなんだそうです。

curry photo

材料

トウモロコシご飯の材料

  • バター…5g
  • とうもろこしの…1本
  • 醤油…少々

お寺カレーの材料4人

  • トマト…2個
  • 厚揚げ豆腐…1丁
  • カレー粉…大さじ2
  • 白ねりごま…大さじ4
  • 赤味噌…
  • 水…400ml

トウモロコシご飯

まずはトウモロコシご飯を作ります。これにカレーをかけて食べます。

  • 生のとうもろこしの実を芯から外します。はずじた芯は捨てずに炊飯器に入れてご飯と一緒に炊くときに使います。ご飯の旨味が増すとのこと。
  • 続いて、とうもろこしの実とバター、醤油を加えて炒めます。これを炊きあがったご飯に混ぜるとトウモロコシご飯が完成します。

お寺カレーのルー

続いてお寺カレーのルーの作り方です。

  • 鍋にトマト2個、厚揚げ豆腐を適当のカットしたものを入れて炒めます。
  • 水を400ml加えて、カレー粉(大さじ2)、白ねりごま(大さじ4)、赤味噌(大さじ2)を入れて加熱して混ぜれば完成です。

最後に素揚げしたナスやズッキーニ、オクラを盛り付ければ夏野菜一杯のお寺カレーの完成です。

長生きの秘訣は毎日のお掃除

奈良時代から長寿じで知られるお坊さん。長生きの秘訣は毎日のお掃除にもあるということでした。僧侶は毎日の掃除を欠かさないという。やらなくても誰からも文句は言われないが、自分を厳しく律する心を持って暮らすことが大切。

掃除をしっかりとすれば心もスッキリとして健康的に暮らせるようになるとのこと。

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする