ケンミンショー 鹿児島県奄美大島で人気の鶏飯(けいはん)の作り方

ケンミンショーではどんぶりまつり厳選10連発を紹介。そのなかで1位に輝いたどんぶりは奄美大島に住む鹿児島県民に人気だという鶏飯(けいはん)を取り上げていました。番組では、パパイヤやタンカンの代わりにあるも音を使ってちょっとアレンジした方法で鶏飯を作っていました。

スポンサーリンク
広告(PC)




鹿児島県奄美大島の鶏飯の作り方

ざっくりと具材と作り方の工程をまとめると次のとおりでした。なお、具材の分量については番組では紹介していませんでした。なので、あくまでも具材と作る工程のみ紹介します。

材料

  • 鶏むね肉
  • 長ネギ:2分の1本
  • うすくち醤油
  • みりん
  • しいたけ
  • たくあん
  • 錦糸玉子
  • 青ネギ
  • みかんの皮
  • 紅生姜

作り方

続いて鶏飯の作り方の工程を見てみましょう。

  1. 鍋に鶏胸肉、臭い消しにネギをいれて、水、酒を入れて煮込んでいきます。
  2. 鶏肉が煮えたらネギととともに取り出します。残った煮汁にうすくち醤油、みりん、塩をいれると鶏飯のスープが完成します。
  3. 煮えた鶏むね肉は指で細かくします。パパイヤの代わりにたくあんを細切りにして、タンカンの皮の代わりにみかんの皮をみじん切りにします。
  4. 最後に丼にゴハンを盛り、その上にお好みで錦糸玉子、しいたけ、鶏むね肉、青ネギ、みかんの皮、紅生姜をのせて、先程作った熱々の鶏ガラスープをかければ旨みたっぷりの鶏飯の完成です。
スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする