きわめびと デニムでシンクの汚れを落として水養生で汚れを予防する方法【大津たまみさんの掃除術】

きわめびとではキッチンの水回りの汚れがテーマ。排水口のヌメリやシンクの水垢などキッチン回りの掃除は面倒。番組では水回りの汚れを落とす大津さんの掃除術やキッチンの掃除の回数をへらす方法を紹介。詳しく教えてくれたのは、一万軒以上の掃除の悩みを解決してきた掃除のプロの大津たまみさんでした。

スポンサーリンク
広告(PC)




大津さんのキッチン回り(シンク)の汚れを落とす掃除術

大津さんが教えてくれたのは家庭にある身近なものを使っただれでも簡単にできる掃除術。

汚れは防ぐ時代

大津さんによるとこれからの時代は汚れを落とすから防ぐ時代だという。

そんな汚れを落として防ぐ方法をまとめてみました。

シンクの汚れを予防する方法

まずはシンクの汚れを落として予防する方法。まずは汚れを落としていきます。ここで使うアイテムはなんとデニムでした。デニムは履けなくなったズボンを利用します。後必要なのが重曹です。

シンクの汚れた部分に重曹を適量ふりかけます。そして、デニムを軽く濡らしこするだけ。

重曹のこまかい粒子が汚れを削り取り、それをデニムがかき出してくれるとのこと。

最後は水をかけて流すだけでピカピカになります。

デニムで汚れが落ちる理由

デニムのデコボコが汚れをかき出してくれるのでピカピカになるとのこと。

シンクの汚れを防ぐ方法

ここからが本題です。シンクの汚れを防ぐには使う前に水養生をすると良いそうです。

養生とはお掃除業界ではカバーするという意味だそうです。

つまり料理をする前にシンクに水を全体的にかけてあげます

たったこれだけで汚れがつきにくくなるとのこと。汚れの遠方がぜんぜん違うそうです。

感想

要らなくなったデニムは捨てずにキッチンの掃除で大活躍させましょう。

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする