金スマ 松本先生流トイレ掃除のやり方とスクイージで作るホコリ取り

金スマでは健康になりたければ家の掃除を変えなさいの著者で30年間病院の掃除に携わってきたという掃除のプロの松本忠男さんが、健康のためのトイレ掃除や100円均一で売られているスクイージを使ったホコリ取りグッズの作り方を紹介していました。

スポンサーリンク
広告(PC)




100均のスクイージで作るホコリ取り

松本先生は病院の掃除でも使っているという100均のグッズで作れるホコリ取りを紹介していました。これを使うことでしっかりとホコリもキャッチできるとのこと。

その100均のお掃除グッズというのはスクイージ

スクイージは窓ガラスなどの水分を取り除くのに使う道具。この先っぽについている樹脂の部分を5ミリ間隔で切れ目を入れて作ります

これを使って床や壁などをこすると普段取れなかったホコリも取ることができるということでした。

松本先生流トイレ掃除のやり方の3つのポイント

番組では、松本先生が病院でも指導しているという病気を防ぐトイレ掃除を大公開していました。

壁や床のホコリを取る

トイレには換気扇があり、気流の関係で扉の隙間から廊下のホコリを吸い込むのでホコリがたまりやすいという。

なので、まずは壁から掃除を行っていきます。ホコリが舞わないように壁は上から下に掃除していきます。

この時、拭き掃除をするときは、乾いた雑巾で一方向にむけて行います

床は奥から手前に向かって、一方向にむけて拭きます。これも乾いた雑巾を使います。

便器の汚れを落とす

市販の除菌用ウェットシートなどで便座などを拭いていきます。

基本的には水を流すときはフタをした状態で行うそうです。というのも、水が跳ねることで汚れが壁につくことがあるためだという。

便器の中は、市販のトイレ用の洗浄剤を噴霧をして5分くらい置いてからこすり洗いするとよいとのこと。

スポンジをサイコロ状に切って使い捨てにすると効率が良いとのこと。

仕上げに除菌

汚れを取るときと除菌するときで手袋は替える。手すり、とって、便器のレバー、タンク、フタ、床、そして最後に便座の裏を除菌して終了します。

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする