初耳学 サッカーファンが幸せになれない理由 幸福度が低い?

今、日本ではワールドカップでサッカーが盛り上がっていますが、初耳学の白熱教室でもサッカーにまつわることがテーマでした。なんでも、サッカーファンが幸せになれない理由についてとりあげていました。

スポンサーリンク
広告(PC)




サッカーファンが幸せになれない理由

これはイギリスの名門大学が発表したサッカーに関する残酷なデータによるものだ ということでした。

このデータというのは、イギリスの大学が定期的に観戦するサッカーファンの試合後の気分の変化を幸福度として数値化し計測したもので、被験者が3万2千人で解答件数が300万以上。

もちろん、応援しているチームが勝てば気分は盛り上がります。

これを踏まえて、試合が終わった1時間後に幸福度はどう変化するのかを計測します。

これによると勝った試合の幸福度は3.9ポイント上昇、一方負けた試合の幸福度を見たところ7.8ポイント下がる ということが明らかになりました。

つまりチームが勝ったときの喜びよりも、負けたときの幸福度が圧倒的に下がっています。

このことからサッカーファンはあまり幸せにはなれないという結論になったそうです。

soccer photo

スタジアム観戦時の幸福度

では、スタジアム観戦した場合の幸福度はどうなのか。

この場合、キックオフ直前(試合開始前)の幸福度は7.9ポイント上昇するという。

試合が勝てば最高ですが、もし負けた場合、スタジアム観戦の場合の幸福度は14ポイントも下がってしまうとのこと。

つまり、試合に負けるとキックオフ直前からの幸福度は21.9ポイント下がることになります。

まして、試合に負け続けてしまっているチームを応援することになるとすると、幸福度は毎回下がることになります。

すごく盛り上がっている恋愛の幸福度と同じ

自分が応援しているチームが勝利することで得られる幸福度を上回る行為というのは、ものすごく盛り上がっている恋愛ぐらいしかないとのこと。

このようなことから、ある経済学の博士はサッカーファンの行動は合理的ではないように見えるといっているとのこと。

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする