あさイチ サンダル臭いは重曹水で落とせる? サンダルの黒ずみ汚れは消しゴムと中性洗剤が効果的

サンダルは素足で履くことが多いのでその分臭いがつきやすいという。あさイチでは履物クリーニングの達人がサンダルの臭いを取る方法を伝授。また、長年履いているとサンダルにできる黒ずみ。これも消しゴムを使うことで簡単に落とすことができるとのこと。それでも落ちない汚れは台所中性洗剤を使うといいそうです。

スポンサーリンク
広告(PC)




サンダルの臭いは重曹水で取れる

履物クリーニングの達人によると、サンダルなどの履物についた臭いは市販の重曹を使うことで落とすことができるという。

重曹はプロの現場でも使われているとのこと。

重曹の使い方と重曹水の作り方

  • 重曹小さじ1と水を100mlを混ぜます。いわゆる重曹水を作ります
  • これをサンダルに吹きかけます。
  • あとは乾くまで待てば臭いもスッキリ取れいているとのこと。

汗や皮脂の汚れはもともと酸性になっていて、重曹水の方は弱弱アルカリ性なので、これをかけることで中和させて臭いの元を除去することができるとのこと。

サンダルが臭くなる理由

サンダルは意外と臭くなりやすいとのこと。足は体の他の部位と比較すると3倍以上の汗をかくそうです。

これが臭いの原因になっているんだとか。足の裏の角質にはたくさんの細菌が住み着いていて、その細菌は暖かく湿った環境を好みます。

汗で蒸れれば蒸れるほど増殖し、臭いもきつくなるという。しかも、裸足で履いているのでそれがそのままサンダルに定着してしまうのでサンダルに臭いがついてしまうとのこと。

sandal photo

サンダルの黒ずみは消しゴムで落とす

続いて、サンダルを履き続けていると黒ずみ汚れが目立ってきます。くっきりと指のあとが付いているとちょっと恥ずかしいです。

達人が、取り出したのは消しゴム。普通に文字を消す感じでサンダルについた黒ずみをこするという。

なんと、消しゴムのカスに黒ずみが絡み取られてみるみる消えていくそうです。

サンダルの素材が皮や合皮でも落とすことができるそうです。

シワについた汚れ 台所中性洗剤で落とす

サンダルについた汚れ、シワがついてその奥に汚れがついて落ちない場合は台所中性洗剤を使うと効果的に落とすことができるそうです。

中性洗剤小さじ1を水100mlで薄めて、極細の歯ブラシを使ってシワに沿って汚れをかき出すように落とします。

汚れが落ちたら、蒸れタオルで拭いて風通しの良い場所で乾かします。

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする