がっちりマンデー 住友ベークライトの野菜長持ちの袋P-プラス 日本触媒のコンクリート混和剤用ポリマー

がっちりマンデーでは、新幹線の電光掲示板に広告出しているという会社を特集していました。番組では住友ベークライトのP-プラスという野菜を長持ちさせるフィルムや日本触媒のコンクリート混和剤用ポリマー、トヨタL&Fのフォークリフトでガッチリと儲かっている理由を取り上げていました。

スポンサーリンク
広告(PC)




P-プラス野菜を長持ちさせるフィルム

まず、番組がやってきたの住友ベークライトという会社。プラスチックのパイオニア的存在の会社でフェノール樹脂をはじめありとあらゆるプラスチック製品を作っている。

車のブレーキ部品、ヘルメット、飛行機の窓の枠、新幹線の机まで、2017年の売上はなんと2118億円。

P-プラスでガッチリ

最近売上を伸ばしているという製品がP-プラスという野菜を新鮮に保つという魔法のフィルム。

番組では、ブロッコリーを使って冷蔵庫で1週間保存してどうなるかを検証。その結果は歴然でした。

フィルムに包んだほうは新鮮のままでした。

新鮮の理由

なんでも、このフィルムには70ミクロンの小さな穴が空いており、野菜の呼吸をちょうどいいくらいにして鮮度を保っているということでした。

P-プラスの値段

このP-プラスの値段は1袋10円から20円程度で農家さんから引っ張りだこだということでした。

薬を包むフィルム

この会社では、薬を包む透明のフィルムも作っているという。実はこれを作るのは結構難しいそうです。薬によっても違うので70種類ほどあるとか。

例えばビタミン剤は光によって変色するので光に強いプッラスチックを挟んでいるなど薬によって変えているとか。

日本触媒の高吸水性樹脂とコンクリート混和剤用ポリマー

続いては、日本触媒という会社。そもそも触媒とはなにかというと、化学反応を早くする物質のこと。日本触媒は、この触媒を使ってすごい素材を作っている会社。2017年度の売上は3228億円とのこと。

高吸水性樹脂

まず、登場したのは高吸水性樹脂という白い粉。この粉はなんと、1gで100mlの水を吸い取ることができるとのこと。

この樹脂は、水を吸収したら網目構造になっていて手で押しても水が出てこない仕組みになっているという。

紙おむつに使われている素材だそうです。

なんと世界の紙おむつの4分の1が日本触媒の作った高吸水性樹脂とのこと。

コンクリート混和剤用ポリマー

この会社では、コンクリートをサラサラにする薬も作っているという。これはコンクリート混和剤用ポリマーとよばれているもので、4kgのコンクリートにおよそ4cc程度加えるだけでコンクリートがサラサラになるとのこと。

これによって、従来のように手作業が短縮できて、隅々に行き届くので強度も強くなるとか。

高級マンションにはほぼ100%使われているとか。

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする