ハナタカ こまめに水分を摂るべき理由 1時間にコップ半分程度が目安 透き通った氷を作る方法

熱中症を心配して一気に水分を摂ってしまうことがあるかと思いますが、実はこれ尿として排出されるので逆に熱中症なってしまうこともあるそうです。ハナタカではこまめに水分を摂ったほうが良い理由や1時間に摂取する水分の目安、この他透き通った氷の作り方などが紹介されていました。

スポンサーリンク
広告(PC)




こまめに水分はとったほうが良い理由

水分は一度にたくさん摂るよりこまめに摂ったほうが良いと言われるには理由があるそうです。番組のアンケートでは3割の人しか知られていないことでした。

池袋大谷クリニック院長の大谷先生によると一度に水分をたくさん摂ると汗として出ないものは、尿として排出されるという。

そのため、一気に水分を摂取することは水分補給としては効果が薄くなるとのこと。

結果として、こまめに水分を摂るよりも一度にたくさん水分を摂ってしまうことで脱水症状とそれに伴う熱中症を引き起こしやすくなってしまうとのこと。

大谷先生によると、1時間に1回、コップ半分程度が目安になるとのこと。

透き通ったきれいな氷の作り方

ちょっと工夫するだけで、透き通った氷を作る方法があるそうです。これは自宅の製氷機でも簡単にできるとのこと。

その方法は、1度沸かした水を凍らせることでした。湯冷ましでも良いそうです。

普通に水で作った氷は中に細かい空気が入ってしまい白くなりますが、水を一度沸騰させると空気が抜けるので、これを凍らせると透明になるとのこと。

溶けにくい氷

さらに、この透明の氷は溶けにくいのが特徴だという。

それは、純粋な水だけが凍っているので溶けにくいとのこと。

また、お湯から凍らせたほうが早く凍ることや、ミネラルウォーターよりも塩素で殺菌されている水道水で作るほうが良いそうです。

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする